「けのび」を行おうと意識するほど、水中での姿勢が崩れる

スイムで長く、楽に泳ぐためには水泳の基本となる内容を理解する必要があります。その中の一つに「けのび」があります。

 

「けのび」とは水中での姿勢です。具体的には、腕をまっすぐ伸ばして手先からつま先までピンと伸ばします。これによって、泳ぐときの空気抵抗が少なくなるため、スピードが落ちにくくなります。

 

そのため、けのびが大切であると、教室に通うと習います。確かに水中での基礎は大切ですが、こうした言葉にとらわれるとかえって泳げなくなる可能性があります。ここでは、けのびを意識しすぎることによる、水中姿勢への影響とその対策方法を解説していきます。
 
 けのびを意識しすぎると腕と肩に力が入りすぎる
まずは、水の中に入って、壁をけって助走をつけます。そして、体が水中で伸びきったら腕を伸ばし、足先を伸ばそうとします。中には、手を組んで頭を下げるストリームラインを作ろうとします。

 

ただ、こういった動作を行うと水中での姿勢に影響がでます。それは、よい姿勢を形成しようとするばかりに腕や肩に力が入ってしまうからです。

 

例えば、陸上でたった姿勢で腕を真上に伸ばしましょう。すると、肩回りの筋肉に力みが生じます。陸上の上でさえ力んでしまうため、慣れない水中ではもっと腕回りの筋肉が固くなります。

 

それによって、上半身の上部の筋肉が力んでしまいます。その結果、下半身が沈みやすくなってしまいます。このように、よい姿勢を作ることにとらわれすぎて無理やり腕を伸ばしたり足先を伸ばそうと頑張ってしまうとかえって姿勢が沈む原因になってしまいます。

 

まず、水泳が得意な人は上半身で体を浮かしていることを理解しなければいけません。かなずちの人はけのびでよく「下半身」が落ちます。そして、その下半身を落ちないようになんとか模索しようとします。

 

しかし、実際は上半身の力みがあります。上半身に力入りすぎて上体だけで浮けない状態になっているのです。その結果が下半身が落ちていることにつながっているのです。

 

そのため、先ず意識することは上半身に無用な力をかけないことです。肩と胸の力が抜けていると、自分の姿勢を水中の中で腰をそらしたり丸めることができるようになります。その自由な上半身の状態で泳ぎ続けると自然とけのびができるようになります。

 

最初からけのびをしようと頑張るとかえって力のはいった姿勢になってしまいます。そのため、まずは水中に浮かんで上半身の力を抜くことから始めます。

 

 どうしても足が下に落ちてしまう人の脚の使い方
ただ、上半身の力を抜こうと意識しても、脚が沈んでしまうことがあります。その場合、自分の思い、水中でのリラックスした姿勢をとったあとに脚を落ちにくくする方法があります。

 

それは、脚を上に上げようと内ももを上に上げようとすることです。これによって、下半身が下がりにくくなります。脚を下げないようにしようとその場で頑張るのではなく、下がってくる下半身を持ち上げようとすることで
頭から足先まで真っ直ぐの線を保つことができます。

 

ただ、この脚の動かし方は上半身の力みをとった場合にのみ使えます。肩が上がっていたり、胸が反っている人がこれを行うと、余計に上半身に力みが入ってしまいます。

 

そのため、少し下半身を沈んでもいいから上半身の力を水中で抜くことから始めましょう。少し背中を丸める気持ちで水中に入り、壁をけった後に肩が上がっていないか確認しましょう。苦手意識がある人ほど自分が思う以上に肩に力が入っているのを確認できます。

 

けのびの形にとらわれすぎて腕や肩を動かそうとすると、かえって上半身に力が入ってしまいます。良い姿勢になるのにとらわれず、まずは腕、肩の力を抜いて水に入ってみましょう。浮く感覚がわかってくるため、少しずつ姿勢がキレイに整っていきます。

 

お客様から喜びの声をいただいています

 

無料メールマガジン:理論スポーツ

 

 

 

 

Facebookもチェック

 

セミナー開催:理論スポーツ


サイトマップ
HOME メルマガ登録 プロフィール お問い合わせ お客様の声 セミナー開催