水泳(スイム)の動作改善

全く泳げない人が長く楽に泳げるフォームの作り方

 

 かなづちの人が水泳の基本を習う前に行うこと

 

  水泳で「けのび」を行おうと意識するほど、水中で姿勢が崩れる

 

 ストリームラインを作ろうとすると体が沈みやすくなる

 

 水中で体を浮かせるために体の三部位の意識を変える
 
キレイな姿勢から泳ぎ続ける身体作りを行う

 

 肩甲骨を意識して腕を回すと水泳での水中姿勢が崩れやすくなる

 

 水泳で長く泳ぐために最初に覚えたい「伸びる」姿勢

 

  水泳で姿勢を安定させてプル動作を行うには

 

  息継ぎ動作をしやすくする顔の向け方

 

 バタ足動作を効率よく行う足首の力の抜き方

 

  バタ足動作をさらにスムーズに行う股関節の使い方

 

  速く水をかき、スピードを上げるための手首の使い方

 

 水泳の練習メニューの立て方を理解する

 

  水泳スピードで変更するバタ足の2ビート、6ビートとは

 

  水泳の練習メニューを設定する:長い距離を泳ぐ体を作る

 

  水泳の練習メニューを設定するには:持久力を効率よく上げる

 

  水泳においてのスピードを上げる3要素
 
 武道の体の使い方を水泳に応用する

 

  水泳で水を強くかく感覚を身につける指の使い方

 

  武道の「弓懐」の使い方より、水泳でスムーズに腕を働かせる

 

  水泳で腕の動きをスムーズに行う肘と拳の動かし方

 

  今より格段に水泳の実力を向上させる練習方法

 

  初心者でも行える水泳の練習法:姿勢を作る

 

  初心者でも行える水泳の練習法:軸を作る

 

  初心者でも行える効率の良いクロールの腕回しを理解する

水泳(スイム)の動作改善記事一覧

かなずちの人が水泳の基本の前に行わなければいけないこと

トライアスロン、水泳を競技にする選手であれば、泳ぎの技術を身につけることは必須です。例えば、トライアスロンにおいてプールは一番最初の種目であり、楽に泳げるようになれば、次の自転車、ランニングと疲労をためずに挑むことができます。ただ、これからスイムを行う人にとって、何千メートルも泳ぐのはとても難しいこ...

≫続きを読む

 

「けのび」を行おうと意識するほど、水中での姿勢が崩れる

スイムで長く、楽に泳ぐためには水泳の基本となる内容を理解する必要があります。その中の一つに「けのび」があります。「けのび」とは水中での姿勢です。具体的には、腕をまっすぐ伸ばして手先からつま先までピンと伸ばします。これによって、泳ぐときの空気抵抗が少なくなるため、スピードが落ちにくくなります。そのため...

≫続きを読む

 

水中で体を浮かせるために体の三部位を整える

水泳において、楽に長く泳ぐためには水中姿勢を整えることが大切です。その中で水泳の基礎として「けのび」「ストリームライン」といった教えがあります。ただ、こういった基礎を学んでも、なかなか水中でのフォームが改善されない場合があります。そのため、水中で体を浮かせるために必要な要素を理解しなくてはいけません...

≫続きを読む

 

ストリームラインを作ろうとすると体が沈みやすくなる

水泳において、体の負担なく泳ぐことは楽に泳ぐことにつながります。空気抵抗の少ない水中姿勢を整えることが、スムーズに体を動かすことにつながります。この中で、水中姿勢のひとつの基本として「ストリームライン」と呼ばれる姿勢があります。これは、水泳の基礎として最初に教えられるものです。ストリームラインでは両...

≫続きを読む

 

肩甲骨を意識して腕を回すと水泳での水中姿勢が崩れやすくなる

水泳において、両腕が交互に回る泳ぎ方としてクロール、背泳ぎがあります。この二つの泳ぎ方において、スピードを上げるために腕の回し方が大切になってきます。腕の回し方の説明として「肩甲骨を意識して回しましょう」という教えがあります。肩甲骨を意識して腕を回した方が、腕を回しやすくなるからです。水の抵抗を大き...

≫続きを読む

 

水泳で長く泳ぐために最初に覚えたい「伸びる」姿勢

水泳で楽に長い距離を泳ぐためには基本動作を理解することが大切です。「けのびをする」「ストリームラインを整える」といった内容は水泳で長く泳ぐための必須事項となります。その姿勢に腕回しとバタ足が加われば「クロール」となり、反転すれば「背泳ぎ」となります。さらに平泳ぎ、バタフライの他にも泳法があり、練習と...

≫続きを読む

 

水泳で姿勢を安定させてプル動作を行うには

水泳で長く、リラックスして泳ぐためには基礎を理解し、フォームを安定させることが大切です。姿勢を安定させるには、脚や腕の動きに注意して、水泳動作を行わなければいけません。クロールで体を前方に送るために、「水をかく」動作があります。これを「プル」と呼びます。身体に負担がないようプル動作を行うことは、水中...

≫続きを読む

 

水泳で息継ぎ動作しやすくなる顔の向け方

クロールでは、「息継ぎ動作」があります。長く、楽に泳ぐためにはなるべく無駄のない動きで呼吸をする必要があります。そのため、体の軸を崩さず、シンプルに横を向くようにしなければいけません。ここでは、姿勢を崩さずに息継ぎ動作を行うための顔の向け方について解説していきます。 顔向け動作で最も起きやすい不正と...

≫続きを読む

 

バタ足動作を効率よく行うための足首の力の抜き方

水泳においてバタ足動作を行うのは姿勢を安定させるのに大切です。効率よくバタ足を行うためには、脚の細かい部位に着目し、その部位の働きや動かし方を理解する必要があります。ここでは、適切にバタ足を行うために必要な体の部位を理解し、効率のよいバタ足動作を行う方法を解説していきます。 足首の力の抜きがバタ足の...

≫続きを読む

 

バタ足動作をスムーズに行う股関節の使い方

水泳においてバタ足動作は姿勢を安定させる役割があります。バタ足を楽にスムーズに行うためには、脚以外にも胴体部に近い部分の働きを理解する必要があります。ここでは、バタ足をスムーズに行うための体の動きを学び、その動作を実現させるための必要な体の部位を理解することで、効率のよいバタ足動作を行う方法を解説し...

≫続きを読む

 

水泳で速く水をかき、スピードを上げるための手首の使い方

水泳の世界では、前に伸ばして手を後ろに戻すときに、水をかく動作があります。この動作は水の抵抗が強く腕に働くため、水泳におけるスピードにかかわります。強くかき動作を行うためには、理想の拳の動きを理解し、実践する必要があります。そのためには、プロ選手の泳ぎを学び、それに近い腕の動きを身につける必要があり...

≫続きを読む

 

水泳スピードで変更するバタ足の2ビート・6ビートとは

水泳において、持久力とスピードを両方強化することは重要です。それぞれ、泳ぐすビートを変更することによって、両方の力を鍛えることができます。それにともなって、キックの仕方も変わってきます。具体的にスイムの練習をする際、ゆったり泳ぐ場合と速く泳ぐ場合でバタ足のリズムが変わってきます。ここでは、遅く泳ぐ場...

≫続きを読む

 

水泳の練習メニューを設定する:長い距離を泳ぐ体を作る

水泳において、長く楽に泳ぐためには、練習メニューをたてるのは重要です。ただ、水泳の練習メニューと言っても、初心者から上級者までいます。練習の量や質は経験によって変わるため、初めて練習メニューを意識して水泳を行う人はひとつわかりやすい指標をもって、メニューを組み立てることが大切です。その中に、心拍数が...

≫続きを読む

 

水泳の練習メニューを設定する:持久力を効率よく上げる

水泳の上達のためには理論や知識を学ぶだけでなく、練習メニューをたてるのも重要です。ある程度泳げるようになり、少しずつ実力を身につけたい場合は、効率のよい練習メニューを組み立てることが速く上達する鍵となります。ここでは、持久力を高める水泳の練習メニューの組み立て方を解説していきます。 心拍数150は持...

≫続きを読む

 

水泳においてスピードを上げる3要素

水泳において実力を向上させるにはあらゆるアプローチがあります。その中に「スピード強化」があります。距離を長く泳ぐのも重要ですが、泳ぎ方や運動感覚を変えるには泳ぐスピードに変化をつけることが大切です。クロールを泳ぐ場合、動作中にスピードを上げるポイントがいくつか存在します。ここでは、クロールを速く泳ぐ...

≫続きを読む

 

水泳で強いかき動作を身につける指の使い方

水泳におけるスピードを向上させるには、腕の使い方が重要になってきます。しっかりと水を後ろにかいて体を後ろにおすことで、スピードを向上させることができます。武道の世界では指の整え方を変えることで、腕の筋肉の使い方を変化させることできるとわかっています。水泳にこの動きを取り入れることで、水のかき動作を速...

≫続きを読む

 

武道の「弓懐」の動作より、水泳でスムーズに腕を働かせる

水泳で、持久力やスピードを向上せるために、フォームを意識して泳ぐ必要があります。この中で、水をかいて推進力を生み出す腕の動きは大切です。水泳の実力を向上させるには、腕の動きを細かく分析する必要があります。ここでは水泳で腕のかき動作を効率用働かせるコツについて解説していきます。 武道の弓懐の作り方から...

≫続きを読む

 

水泳で腕の動きをスムーズに行う肘と拳の使い方

水泳の世界でスピード・持久力ともに向上させるにはフォームを整えることが大切です。水泳では全身の筋肉を使うため、体の各部位のどこかに不正があると動きに影響が出てしまいます。その中で、腕を動かす動作では、肩から手首の関節まで同時並列に動きます。そのため、適切な位置を意識して行わないとどこかに負担がかかっ...

≫続きを読む

 

今より格段に水泳の力を向上させる練習方法

水泳において、実力を向上させるに練習方法を変えることは大切です。持久力やスピードを上げるためには、心拍数を測って距離や速度に変化をつけます。これによって、効率よく泳ぐ力を養うことができます。ただ、水泳の練習方法は他にもあります。それは泳ぎ方を変えることです。泳法を変えると使われる筋肉が変わるため、フ...

≫続きを読む

 

初心者でも行える水泳の練習法:姿勢を作る

水泳はダイエット、脂肪燃焼のために行うトレーニングとしては有効な手段です。ただ、水泳初心者の場合、泳ぐ前にあらゆる心配をしてしまい、トレーニングできないことがあります。ただ、水泳には、クロールや背泳ぎといった泳法があります。これらの泳ぎ方を知らないと、プールは泳げないか考える人もいます。ただ、プール...

≫続きを読む

 

初心者でも行える水泳の練習法:軸を作る

世の中にはあらゆるスポーツがあり、初心者でもダイエットや運動不足解消のために行えるものがあります。その中に「水泳」が挙げられます。水泳は有酸素運動を行うので、脂肪燃焼が高いスポーツです。そして、初めての人であっても、泳法を習わなくてもできる練習法があります。ここでは、水泳初心者でもできる、水泳の練習...

≫続きを読む

 

初心者でも行える効率の良いクロールの腕回しを理解する

水泳には、クロールや背泳ぎといった泳法があります。これらの泳ぎ方は初めての人は力任せに行ってしまう可能性があります。そのため、プール初心者の場合、やみくもにクロールをして、腕の筋肉を無駄に使いすぎてしまい、疲れてしまうことが良くあります。ただ、プールはほぼ初心者であっても簡単に、かつ効率のよいトレー...

≫続きを読む

 
//

お客様から喜びの声をいただいています

 

無料メールマガジン:理論スポーツ

 

 

 

 

弓道健康法セミナー案内

書籍案内


ホーム RSS購読 サイトマップ
HOME メルマガ登録 プロフィール お問い合わせ お客様の声 セミナー開催