スポーツで体幹部の動きが変わる「ブラジリアン柔術」を理解する

スポーツで実力を向上させたり怪我を予防したりするために、体幹トレーニングは大切です。ただ、トレーニングだけ行ってもパフォーマンスは上がらず、それを動きで使えるようにしなければいけません。

 

そこで、体幹部の動かし方を変えるのに効果的な運動として「ブラジリアン柔術」があります。柔道になじみがある人にとって、ブラジリアン柔術はスポーツと全く違う格闘技であるため、不思議に思うかもしれません。しかし、ブラジリアン柔術は体幹部の動きを劇的に変える優れた競技です。

 

ここでは、ブラジリアン柔術の動きが体幹部の強化に優れている理由を解説していきます。

 

 なぜ、ブラジリアン柔術は体幹部の強化運動に向いているのか
ブラジリアン柔術は柔道と同じ格闘技ですが、相手を引きこむ寝技や締め技、関節技が主体となっています。ブラジリアン柔術を扱う有名人として、400戦無敗の男と言われたヒクソングレイシーがおり、日本でも競技人口が増えつつあります。

 

柔道はお互い立った状態で相手の帯や襟(えり)をつかんで、いかに投げ技をかけるかを考えます。しかし、ブラジリアン柔術では、寝技を決めるか関節技で締めるまで勝負は終わりません。そのため、一方が仰向けに寝て、もう一方が相手の股にまたがる格好で試合が続きます。

 

このとき、寝技に引きこむ方は相手のスキを見計らいつつ、相手からの攻めにも対応しなければいけません。急所を責められないように体を屈ませたり、左右にうねらせたりして技をかけるタイミングを待ちます。

 

毎回のスパークリングで野球やサッカーのような決まった上半身の動きはありません。長時間あらゆる方向に上半身や脚を動かします。そうして、相手の関節を決めたり攻撃をよけたりしながら試合は進んでいきます。そのため、体幹部を使う動きが多様です。

 

実際に体験するとわかりますが、柔術でのスパークリング中で取る姿勢のほとんどは、体幹トレーニングで用いられるポーズと同じ負荷がかかります。

 

例えば、下のページは相手を締め技に誘いこむときによく見られるシーンです。下で寝ている人はずっと肩を上げながら相手に揺さぶりをかけます。

 

このときの姿勢は体幹トレーニングの「水平クランチ」と呼ばれるポーズと全く同じです。体幹トレーニングでは5秒〜10秒キープしますが、柔術の試合ではもっと長い時間この姿勢を維持し、かつ腕や上半身を動かします。

 

 

 

他にも、下の写真も試合でよくみられるシーンです。この状態のとき、体幹トレーニングの「片足サイドブリッジ」と同じ感覚になります。実際にはここから、体を振ったり転がしたりして相手を関節技に持ち込みます。

 

 

 

私自身、柔術を習っていた経験があり、実践のスパークリングも経験しました。実際に行うとわかりますが、その運動量は野球やサッカーなどのスポーツに比べてけた違いに多いです。そのため、基礎練習を行うだけでも体幹部は締まりました。さらに、あらゆる方向に上半身を動かすと、実際のスポーツにない刺激を受け、動きに可能性が広がりました。

 

 トップアスリートの体幹トレーニングの中にある柔術の動き
女子フルマラソンの世界で世界記録を更新した高橋尚子選手は、体幹部と走る動作を連動させるトレーニング法を練習に取り入れていました。それは、仰向けに寝た状態で肩と両足を上げる「水平クランチ」と呼ばれる姿勢から、両脚を伸ばして上下に振る動作です。

 

本人はこの練習を、記録更新のために毎日10セット行っていたと話しています。柔術の基礎トレーニングでもこれと全く同じ練習法があり、毎日の稽古で欠かさず行われています。

 

海外サッカーで活躍した長友佑都選手は自身の体幹トレーニングを書籍化しました。その中をみると、体幹トレーニングで鍛えた筋肉を実際のスポーツの動作につなげる動きが紹介されています。具体的には、体幹トレーニングで紹介されたポーズから手脚や上体をある方向に動かす方法を知ることができます。

 

それらの動きを調べてみると、柔術の世界での基礎トレーニングと類似したものがあります。そして、柔術家はその動きを当たり前のように毎日の練習で取り入れています。

 

このように、柔術の動きはスポーツにおいて体幹部の動きを強化するために優れた競技であるといえます。柔術の動きをスポーツに取り入れれば、スポーツ動作で最大限に体幹部を活用することができます。

お客様から喜びの声をいただいています

 

無料メールマガジン:理論スポーツ

 

 

 

 

Facebookもチェック

 

セミナー開催:理論スポーツ

関連ページ

スポーツで必要な正しい筋力トレーニングの基礎知識を理解する
運動スポーツにおいて筋トレが怪我につながる肩と胸の筋肉
スポーツで怪我しない体を身につける裏側の筋肉とは
弓の動作から、スポーツで怪我に強くなる脊柱起立筋と内転筋を学ぶ
筋トレで腰痛なく腹筋を効率的に鍛える方法
スポーツで筋肉を最大限活用するコツは力を抜くことにある
スポーツでパフォーマンス向上につながる前鋸筋とは
効率良く走るために必要な「腸腰筋」を鍛えるランニング法
太もも前側の筋肉(大腿四頭筋)を鍛えすぎると、走る動作が遅くなる
効率良く投げる動作を行う肩甲骨周りの筋肉を鍛える方法
座った姿勢で可能な走る動作で大切な3つの筋肉のトレーニング法
スポーツの運動動作を改善する股関節周りの筋肉トレーニング法
工場の現場作業から、股関節周りの筋肉を効率よく鍛える方法を理解する
筋トレで重要なトレーニング効果を倍増させる3つのコツ
筋肉の2つの収縮方法から最適なトレーニングを理解する
スポーツの実力向上に必要な体幹トレーニング:お腹周り
スポーツの実力向上に必要な体幹トレーニング:背中周り
スポーツの実力向上に必要な体幹トレーニング:わき腹周り
スポーツの実力向上に必要な体幹トレーニング:走力強化、腰痛対策
スポーツの実力向上のため、体幹トレーニングの本質を理解する
体幹トレーニングを運動動作で活かす「武道での丹田の姿勢」
体幹部の動きを変えるブラジリアン柔術の基礎運動:お腹・背中周り
体幹部の動きを変えるブラジリアン柔術の基礎運動:受け身動作

サイトマップ
HOME メルマガ登録 プロフィール お問い合わせ お客様の声 セミナー開催