スポーツの実力向上のため、体幹トレーニングの本質を理解する

スポーツにおいて実力向上や体作りのために、体幹トレーニングを行うことは大切です。体幹トレーニングは2000年以降になってその言葉が認知されるようになりました。

 

インターネットを調べると、体幹部の筋肉の強化法は調べることができます。しかし、体幹を鍛えたからといってスポーツの実力が向上するわけではありません。強化された筋肉を結果につなげるためには、体幹トレーニングのもつ本来の意味を理解する必要があります。

 

ここでは、スポーツの実力につなげるために必要な体幹トレーニングの本質的な考え方を解説していきます。
 
 大切なのは、鍛えた体幹をスポーツ動作につなげること
トレーニングによって体幹部の筋肉を強化すると、姿勢が良くなり、体つきも締まります。多くの体幹トレーニングの書籍を見ると、トレーニングによって競技力の向上や動作改善につながると書かれています。

 

確かに筋肉を鍛えることで、メリットはあるかもしれません。しかし、トレーニングだけ行っても、今より劇的にパフォーマンスが向上することはありません。

 

なぜなら、スポーツにおいて重要なことは、体幹を強くすることではなく、筋肉をフルに可動させることだからです。

 

ほとんどのスポーツは立った状態で行われます。立った姿勢で鍛えたわき腹や背中を活用することができれば、パフォーマンスは向上します。

 

しかし、世の中にあるほとんどの体幹トレーニングは寝た状態で行われます。体幹部の筋肉は働きますが、立った状態で活用することとは別の話になります。いつまでも寝た状態でトレーニングをしていると、実際の競技で使うような「立位の状態」で体幹部の筋肉を発揮することはできません。

 

さらに、体幹トレーニングは静止状態で筋肉を鍛えます。しかし、実際のスポーツの動作はほとんど動いたまま行われます。鍛えた筋肉を最大限に働かせるためには、スポーツの動きに連動させなければいけません。

 

例えば、サッカーの世界では、体幹を鍛えると相手にぶつかっても耐えることができると言われています。しかし実際の試合では、トレーニング中のように体がしっかりと整っている状態で競技することはほとんどありません。バランスを崩される中でどのようにして力を発揮するかが問われます。

 

しかし、多くの人は体幹トレーニングを行ったとしても、練習中に体の動かし方を変えたり、使い方を変えようとしたりしません。そのため、スポーツの実力は向上せず、むしろ運動動作の練習時間を減らしただけ実力が下がる可能性があります。

 

そのため、体幹部を鍛えたら、それをいかに運動動作へ連動させるかについて、自分で考える必要があります。

 

陸上の世界に関して、400mハードルの世界選手権で2度の銅メダルを獲得した為末大選手は「体幹を強くするのではなく、体幹を使うことが大切である」と話しています。これは、体幹トレーニングよりも実践を多く積んで、運動中に体幹を活かす体の使い方を考える重要性を説明しています。

 

体幹部の筋肉を強化しただけでは、スポーツの実力向上にはつながりません。それを活かすためには、鍛えた体幹を実践で使えるように運動動作や動きを研究する必要があります。

お客様から喜びの声をいただいています

 

無料メールマガジン:理論スポーツ

 

 

 

 

Facebookもチェック

 

セミナー開催:理論スポーツ

関連ページ

スポーツで必要な正しい筋力トレーニングの基礎知識を理解する
運動スポーツにおいて筋トレが怪我につながる肩と胸の筋肉
スポーツで怪我しない体を身につける裏側の筋肉とは
弓の動作から、スポーツで怪我に強くなる脊柱起立筋と内転筋を学ぶ
筋トレで腰痛なく腹筋を効率的に鍛える方法
スポーツで筋肉を最大限活用するコツは力を抜くことにある
スポーツでパフォーマンス向上につながる前鋸筋とは
効率良く走るために必要な「腸腰筋」を鍛えるランニング法
太もも前側の筋肉(大腿四頭筋)を鍛えすぎると、走る動作が遅くなる
効率良く投げる動作を行う肩甲骨周りの筋肉を鍛える方法
座った姿勢で可能な走る動作で大切な3つの筋肉のトレーニング法
スポーツの運動動作を改善する股関節周りの筋肉トレーニング法
工場の現場作業から、股関節周りの筋肉を効率よく鍛える方法を理解する
筋トレで重要なトレーニング効果を倍増させる3つのコツ
筋肉の2つの収縮方法から最適なトレーニングを理解する
スポーツの実力向上に必要な体幹トレーニング:お腹周り
スポーツの実力向上に必要な体幹トレーニング:背中周り
スポーツの実力向上に必要な体幹トレーニング:わき腹周り
スポーツの実力向上に必要な体幹トレーニング:走力強化、腰痛対策
体幹トレーニングを運動動作で活かす「武道での丹田の姿勢」
スポーツで体幹部の動きが変わる「ブラジリアン柔術」を理解する
体幹部の動きを変えるブラジリアン柔術の基礎運動:お腹・背中周り
体幹部の動きを変えるブラジリアン柔術の基礎運動:受け身動作

サイトマップ
HOME メルマガ登録 プロフィール お問い合わせ お客様の声 セミナー開催