運動技術を向上させる「人との付き合い方・接し方」

スポーツにおいて高い結果を出すためには運動技術を向上させる必要があります。運動技術を高めるためには、「練習」「勉強」を惜しまず続けることが大切です。

 

その中で「人との付き合い方」も大きく関わります。人は他人との付き合い方で自分の考えや心の持ち方が変わるからです。

 

ここでは、運動技術を高めるために必要な「人との付き合い方・接し方」について解説していきます。

 

 人は他人と同じ行動をとる生き物である
例えば、あなたが人通りの多い歩道に立っているとします。歩いていると数メートル先に一人の男が上を見上げています。空か高いビルを見上げているのでしょう。このとき、あなたはどのような行動をとるでしょうか。

 

おそらく、何も考えずに歩道を通り過ぎるでしょう。そして、次の日同じ歩道を歩いていると、5人のグループが同じ場所で一緒に上を見上げていました。この場合、あなたはどのような行動をとるでしょうか。この場合は何があるのか興味をもち、そのグループと一緒に上を見る人が大半です。

 

なぜ、5人のグループが空を見上げている状況だと、行動が変わってしまうのでしょうか。それは、人はある行動をとるときに「他の人が行っていること」を見て判断するからです。心理学ではこれを「社会的証明の原理」と呼ばれます。

 

他にも、ほとんどコメディ番組には「録音笑い」を使っています。録音笑いを使用すると、視聴者の笑いの回数が多くなることが知られています。

 

なぜ、機械的な笑い声を入れるだけで人の笑いは多くなるのでしょうか。それは、機械の笑い声によって「他の人が笑っているだからこの内容はおもしろい」と無意識に思ってしまうからです。

 

この社会的証明の原理は二つの状況において強い影響力を持つことが知られています。一つは不確かさが多いときです。人は、自分が確信を持てないときや状況があいまいなとき、他の人々の行動に注意を向け、それを正しいものとして受け入れようとします。

 

これは、スポーツにおいて団体競技に良く見られることです。ある人は練習のに疲れが出て、休みたいと思っています。しかし、勝手に休憩を取っていいのかわかりませんし、手を抜いてしまったらヤル気がないと思われてしまいます。

 

そこで、周りの人が一生懸命練習していると、自分も休んではいけないと無理をしてしまいます。

 

社会的証明の原理が働くもう一つの状況は類似性です。人は自分と似た他者の考えに従う傾向があります。それは自分と共通点のある人の行動は模倣しやすいからです。

 

ある社会学者の研究によると、有名人が自殺したニュースが流れた後は、そのファンによる自殺件数が増加することが知られています。さらに詳しく調べていると、自殺した人の理由や年齢といったデータを確認すると、類似した悩みを抱えている人が自殺することを示しています。

 

スポーツにおいては、メンタルが強い人や高いレベルを目指す人ほど、一流選手の考えに耳を傾けます。結果を残した人に「一流になるためには徹底的に勉強と練習を行いなさい」と言われると、その教えに従います。

 

しかし、趣味でやっている人や愛好家に一流選手の考えを話しても、あまり影響されません。なぜなら、趣味でたしなむ人と一流選手とでは、スポーツに対する考え方が違うからです。楽しんでスポーツする人には、苦しみながらスポーツをする人の考えは模倣しにくいです。

 

 運動技術を向上させるためにはレベルの高い人と付き合う
このように、人の考えは周囲の人の行動や考えによって左右されます。そのため、あなたの身近な人間関係を変えると物のとらえ方や習慣が変わります。

 

もし、今よりレベルを高めたいのであれば、自分より強い選手と積極的に付き合うようにしましょう。

 

例えば、自分より格上の相手に対戦を挑みます、実力差があるために、勝利の可能性はとても低いでしょう。そこで、強い選手の行動や動きを観察するための試合をしましょう。すると、「強い選手はこうやって戦うのか」と勉強できることがたくさんあります。

 

さらに、強い相手を分析すると、自分にできることや、勝つために必要なことが明確になります。試合では実力差があっても、自分の最大限できることを考えてみましょう。勝つための具体的な可能性を見出せるかもしれません。

 

さらに、強い人が必ずしも勝つとは限りません。たとえレベルの差があっても、相手の多少の気のゆるみによってチャンスが訪れるかもしれません。このようなチャンスを活かすことで、強い相手に勝つことができます。

 

野球であれば、塁に出たり点をもぎ取ったりすることができます。テニスであれば、取り返せるボールがきて、点を取ることができます。

 

このような小さな勝利は間違いなくあなたの自信となり、大きな達成感になります。少しずつ小さな結果を積み重ねれば、あなたのメンタルは確実に強化されていきます。

 

強い相手と接することで、行動や考え方が多様化し、さらにメンタルが強化されます。すると、一流選手の行っている習慣に引っぱられ、自分の運動技術を向上させることができます。

//

お客様から喜びの声をいただいています

 

無料メールマガジン:理論スポーツ

 

 

 

 

Facebookもチェック

 

セミナー開催:理論スポーツ

関連ページ

スポーツで一流レベルの結果を残すたった1つの方法
運動技術以外にメンタルを重視する意味と姿勢の関係を理解する
スポーツで目標達成するためのモチベーションを維持するには
部活など、運動・スポーツでモチベーションを高める目標の立て方
厳しい練習で挫折しそうになったときの思考の整理法
選手のメンタルが強化される指導者の言葉のかけ方
イチロー選手の200本安打から行動力を維持する手法を学ぶ
嫌な感情やトラウマの本質を探れば試合中のプレッシャーに負けない
試合中に「ねばり強いメンタル」を身につける方法
スポーツで緊張する理由と、本番で不安感を取り除く方法
スポーツで一流の結果を残す練習・トレーニングの考え方
スポーツで「自己肯定感」の強化し、メンタルと運動技術を上げる
試合でのミスを防ぎ、集中力を高める「ルーティン」の効果
スポーツで「期待してるよ」と応援すれば、パフォーマンス低下を招く
スポーツで「負けないで」と応援すれば心理的負担が高まる
リーダーがチーム内の雰囲気を改善し、高いパフォーマンスを引き出すためには
ブランド力を向上させ、チーム全体のレベルと雰囲気を上げるには
スポーツで二流から一流レベルに上がるための違いと経験を学ぶ
フロー状態によって運動技術を向上させ、一流選手を育てる監督術
練習ノートに目標と改善点を書けば、スポーツの上達度が向上する
スポーツで一流レベルになる大切な思考を練習ノートから学ぶ
優秀なアスリートになるための「感情脳」と「扁桃核」の仕組みを理解する
プラス思考を練習に取り入れて、一流アスリートのスポーツでの脳の使い方を身につける
最大限のパフォーマンスを発揮するために、脳の状態を切り替える三つの道具
スポーツ上達に必要な「アフォーダンス理論」を運動動作へ応用する
弓道の弓の握り方から、スポーツ技術を向上させる道具の使い方を理解する
弓道の「雪の目付」より、試合中の集中力を強化する

サイトマップ
HOME メルマガ登録 プロフィール お問い合わせ お客様の声 セミナー開催