試合中に「ねばり強いメンタル・精神」を身につける方法

スポーツで試合が接戦や長期戦に持ちこまれると、疲労が蓄積されて動きが悪くなってきます。すると、普段はしない失敗を起こしてしまい、試合に負けてしまうことがあります。

 

そのため、スポーツにおいては、「ねばり」の精神を持つことが大切です。ねばりの精神を持てば最後まで集中力が途切れず、試合でベストをつくすことができます。

 

ここでは、スポーツのメンタルに関わる「ねばる気持ち」を強化するための思考法について解説していきます。
 
 あきらめそうになったときに備えて、やるべきことを決めておく
フルマラソンで30kmを超えてスタミナが切れかかってきたとき、テニスで疲れてきてボールについていけなくなったときに、気持ちを切らさず「ねばる」ことが大切です。しかし、こうした場面で多くの人は何をやならければいけないのか、わかっていないことがほとんどです。

 

監督やコーチは「あきらめずにもっとねばれ」といいます。選手たちも、「ねばれなかったら負けだ」といいます。このように「ねばる」気持ちを精神的なものでとらえていては、ねばりたいときに動くことができません。

 

そこで、本当に「ねばりたい」と思うのであれば、具体的に「何をどうねばるのか」「どうあきらめないのか」を考えてみて、実際に行動に移しましょう。

 

多くの人は「ねばり強さ」をその人の性格ととらえています。しかし、ねばりを手にいれたいとき、根性のある性格になる必要はありません。ねばりにつながる行動を積み重ねることで、結果的にねばれるようになります。

 

例えばマラソンであれば、後半でペースが落ちてしまったら、失速しないようにペース配分を変えます。前半の走行スピードを抑えて、後半でスピードを上げる「ビルドアップ走」を重視して練習をします。

 

サッカーであれば、ロスタイムで失点してしまったら、マークすべき選手を最後までマークできるようにできることを考えます。90分間ピッチを駆け回る集中力を養うため、走力と持久力をアップするトレーニングを重視して練習します。

 

ねばりというものを性格や気持ちの問題と考えていては、精神力は強化されません。ねばるために必要な行動を考えて、実際に取り組んでみましょう。

 

 試合中につらくなったら理想のヒーローを想像する
テニスのストローク戦や野球でカウントを追い込まれたときなど、どのスポーツにしても、メンタルが崩れるときがあります。そこで、ねばりあるメンタル・精神を生み出すためには、先に述べた行動以外にも、試合中にイメージする内容が重要になってきます。

 

もし、あなたが試合中でメンタルが弱ってきたときは、理想のヒーローをイメージするようにしましょう。この場合、ヒーローは映画の主人公やアニメのキャラクターでも構いません。あなたのこれまで生きてきた中で、ねばって戦えるヒーローを決めましょう。

 

そして、ピンチに陥ったらそのヒーローを思い浮かべて、自分がそうなったつもりで戦うのです。すると、ここ一番でねばれるようになります。

 

スポーツ心理学の世界では、この現象を「スイッチ」と表現します。ねばるヒーロー像を心の中で思い浮かべるとそのイメージに脳が反応して、今まで粘れなかった場面で、戦えるようになるのです。

 

全日本選手権で連続優勝に輝いたテニスプレーヤー岩渕聡選手は試合でここ一番にねばりたいときは「ブルース・ウィリス」をイメージするそうです。「ここまで耐えることができるのか、すごいな」と思うヒーローを思い浮かべることで、ダントツの勝負強さを発揮できたと本人は語っています。

 

ねばりのあるプレーをするためには、それを実現するための「行動」と「イメージ」が重要です。練習や試合に取り入れることで、根気よくプレーを続けることができます。

//

お客様から喜びの声をいただいています

 

無料メールマガジン:理論スポーツ

 

 

 

 

弓道健康法セミナー案内

書籍案内

関連ページ

スポーツで一流レベルの結果を残すたった1つの方法
運動技術以外にメンタルを重視する意味と姿勢の関係を理解する
スポーツで目標達成するためのモチベーションを維持するには
部活など、運動・スポーツでモチベーションを高める目標の立て方
厳しい練習で挫折しそうになったときの思考の整理法
選手のメンタルが強化される指導者の言葉のかけ方
イチロー選手の200本安打から行動力を維持する手法を学ぶ
嫌な感情やトラウマの本質を探れば試合中のプレッシャーに負けない
スポーツで緊張する理由と、本番で不安感を取り除く方法
スポーツで一流の結果を残す練習・トレーニングの考え方
運動技術を向上させる「人との付き合い方・接し方」
スポーツで「自己肯定感」の強化し、メンタルと運動技術を上げる
試合でのミスを防ぎ、集中力を高める「ルーティン」の効果
スポーツで「期待してるよ」と応援すれば、パフォーマンス低下を招く
スポーツで「負けないで」と応援すれば心理的負担が高まる
リーダーがチーム内の雰囲気を改善し、高いパフォーマンスを引き出すためには
ブランド力を向上させ、チーム全体のレベルと雰囲気を上げるには
スポーツで二流から一流レベルに上がるための違いと経験を学ぶ
フロー状態によって運動技術を向上させ、一流選手を育てる監督術
練習ノートに目標と改善点を書けば、スポーツの上達度が向上する
スポーツで一流レベルになる大切な思考を練習ノートから学ぶ
優秀なアスリートになるための「感情脳」と「扁桃核」の仕組みを理解する
プラス思考を練習に取り入れて、一流アスリートのスポーツでの脳の使い方を身につける
最大限のパフォーマンスを発揮するために、脳の状態を切り替える三つの道具
スポーツ上達に必要な「アフォーダンス理論」を運動動作へ応用する
弓道の弓の握り方から、スポーツ技術を向上させる道具の使い方を理解する
弓道の「雪の目付」より、試合中の集中力を強化する

サイトマップ
HOME メルマガ登録 プロフィール お問い合わせ お客様の声 セミナー開催