スポーツで筋肉の疲れとなる原因物質をトレーニングに活かす方法

筋トレや運動を行うと、筋肉がパンパンに張ってだるい感覚になります。このとき、「乳酸がたまって」とよく言われます。運動して疲れたり、筋肉がしんどくなると、使った筋肉には乳酸と呼ばれる物質がたまることが知られています。

 

一方、ジョギングのような軽い運動のときは遅筋が働き、乳酸は主に遅筋で処理されて新たにエネルギーを作りだすことがわかっています。こうして、乳酸は疲労物質ではなく、エネルギー源になっていると解釈されています。

 

 乳酸は疲労物質ではない
乳酸が疲労と関係していると最初に考えたのは、イギリスのノーベル賞受賞学者であるアーチボルドビビアン・ヒルでした。彼が研究者と1929年に、運動によって体内に乳酸が作られ、蓄積したデータを提示し、これによって疲労につながるという理論を発表しました。

 

当時、この理論は疑われることなく、「乳酸は疲労と関係がある」と解釈され続けました。しかし、その後、実験が続けられ、乳酸が疲労物質とはいえないことが実験結果でわかってきたのです。

 

例えば、風邪の菌を投与されると、人は風邪をひきます。同様に、疲労の原因となる疲労物質を投与されれば、人は疲労を感じます。しかし、乳酸を投与しても、疲労を感じることはありませんでした。

 

あるラットを使った実験では、疲弊したラットに乳酸を投与したところ、そのラットは乳酸投与後も何事もなかったように運動し続けることができることがわかっています。そのほかに、運動中に乳酸は確かに増加するが、時間がたつと乳酸が減っていくことも確認されました。
 
運動によって乳酸は増加するのは事実です。しかし、増加した乳酸によって疲労を感じるかというとそうではありません。むしろ、乳酸は体内でエネルギーとして使用されており、生体内の反応で重要な物質であることもわかっています。

 

筋肉には、瞬発力を引き出す「速筋」と、持久力を引き出す「遅筋」があります。短距離やサッカーなどの激しい運動の場合は、速筋で糖からエネルギーが作られ、このときに乳酸が増えます。一方、ジョギングのような軽い運動のときは遅筋が働き、乳酸は主に遅筋で処理されて新たにエネルギーを作りだすことがわかっています。

 

つまり、乳酸は生体内での反応に欠かせない物質と解釈されるようになりました。現代では、「乳酸は疲れ物質ではない」と解釈されています。

 

 乳酸をうまく運動に使うトレーニング法
つまり、乳酸は疲労物質ではなく、スポーツの世界では必要とされる重要な物質として認識されています。さらに、原理を利用したトレーニングメニューの組み立て方が実際にあります。
 
そのため、乳酸をうまく使うことで、トレーニング効率の向上につながります。その方法は簡単で、終わりに軽い運動を行うだけで問題ありません。

 

サッカーなどの激しい運動をした後、ジョギングやストレッチなどの行うように心がけましょう。時間にしてだいたい10〜15分ほど行います。すると、激しい運動によって生まれた乳酸をエネルギーとして活用することができます。

 

乳酸は疲労物質ではなく、軽い運動でエネルギーとして使えることがわかっています。そのため、激しいトレーニングに終わりには、軽い運動を行うようにすると、効率よく運動に使えるエネルギーを引き出すことができます。

//

お客様から喜びの声をいただいています

 

無料メールマガジン:理論スポーツ

 

 

 

 

Facebookもチェック

 

セミナー開催:理論スポーツ

関連ページ

弓道の「礼」の動作から、腰痛予防の正しい姿勢を身につける
正しい姿勢で座り続けると、疲労がたまりやすくなってしまう
9割の人がかかえる腰痛の原因とそれを克服する体の動かし方
スポーツの投げる動作で起こる肘の痛みの治し方
テニス、バドミントンでの腕を返すときに起こる肘の痛みの治し方
スポーツで膝を痛める原因と予防方法
スポーツ時に足首周りを怪我する本当の理由
ランニングでの「足底腱膜炎」の原因と解消方法
正しいストレッチをするため、「筋肉」の性質を理解する
筋肉の柔軟性が高すぎると怪我をする
スポーツで怪我しないために、準備運動に「ブラジル体操」を取り入れる
スポーツでケガを予防するストレッチ法:「頭」〜「肩」の上部
スポーツでケガを予防するストレッチ法:体幹周り
スポーツでケガを予防するストレッチ法:太もも〜膝下
スポーツでケガを予防するストレッチ法:太もも周り
スポーツ動作の改善やけがの防止に繋がる「筋膜」について理解する
スポーツでの怪我を予防する筋膜マッサージ:上半身
スポーツでの怪我を予防する筋膜マッサージ:下半身
スポーツ界で筋膜マッサージが普及しない理由
武道の観点から、スポーツにおける軸を整えるには:脚の裏側を鍛える
武道の観点から、スポーツにおける軸を整えるには:大腰筋を鍛える
スポーツで疲れてしまう本当の原因を理解する

サイトマップ
HOME メルマガ登録 プロフィール お問い合わせ お客様の声 セミナー開催