武道の観点から、スポーツにおける軸を整えるには:大腰筋を鍛える

スポーツをする以上、怪我や体の不調を招くのはよく起こります。そして、年齢を重ねると怪我のリスクが高くなってしまい、完治するのも時間がかかってしまいます。

 

ついつい、「年齢を重ねていけば、疲れがたまったり、体のどこかが痛みやすくなったりするのは仕方がないこと」と思い、疲れや不調をあきらめてしまう人は多いです。

 

確かに疲れやすさやこり、痛みに悩む人は、年齢を重ねるごとに増えていきます。ただ、年齢を重ねてもけがを予防するための方法はいくらでも存在します。その中の一つに「姿勢」があります。姿勢は体の各部の筋肉に負担がかからないようにするための体の使い方であり、一つの技術ともいえます。

 

ここでは、怪我しにくい体を身につける姿勢の整え方について理解を深めていきます。

 

 体の軸を整えるために必要な筋肉を理解する
人の体には、地球上の重力が常にかかっています。負担をかけない姿勢を維持するためには体の各部位にある筋肉を働かせる必要があります。弓道の世界では、足から頭にかけて「縦方向にある体の軸を整える姿勢の作り方」が存在します。

 

年齢によって、体の中にある軸は次第にずれていき、体に負担のかかる姿勢が染みついてしまいます。その結果、筋トレを行って力をつけたりストレッチをして体の柔軟性を高めたりしても、怪我や不調が直らない場合があります。

 

例えば、腰痛を予防するために、「体幹トレーニング」を行う人がいます。上半身を支えるための腹筋や背筋が弱っているから腰痛が起こると考えて、筋力を上げて支える力を上げようとします。
 
しかし、腹筋背筋を鍛えても重力に負けている姿勢は変わりません。体幹と体の軸はまた別の話です。いくら持っている筋肉が強くても姿勢自体が変わることはありません。体の軸を整えるには、奥部にある筋肉(インナーマッスル)に着目して、うまく働かせる必要があります。

 

体の軸を整える筋肉には、「大腰筋(だいようきん)」があります。大腰筋は太ももの付け根についている筋肉であり、上半身と下半身を唯一つないでいる筋肉です。これらの筋肉がこわばって固まっていると姿勢自体が変わることはありません。

 

 

 

これらの筋肉は上体を支えるために普段キュッと締まっているのが理想です。しかし、体の軸がずれている場合、横隔膜と大腰筋が働いておらず、弛緩しています。すると、体の表についている腹筋で支えるようになってしまいます。

 

その結果、腹筋が固くなってしまい、疲労物質が蓄積されてしまいます。そのため、体の軸を整えるために、横隔膜と大腰筋を普段の姿勢で機能させる必要があります。その結果、固くなった腹筋が緩み、血流がよくなって疲労物質も排泄されるため、痛みや凝りが瞬時に和らぎます。

 

 大腰筋を普段の姿勢で活用する体の使い方
そのため、普段の姿勢で横隔膜、大腰筋を働かせる必要があります。そこで、立ち方ひとつ変えることで、これらの筋肉を活性化させることができます。

 

まず、座った状態から立ち上がるときです。このときに膝に手を当てて立つようにしましょう。この立ち方だと、太ももの前側の筋肉に使って立ち上がることになるので、力を要します。

 

そこで、掌の側面を使って、左右の太ももの付け根のVラインに手を当てましょう。次にこの手を当てながら立ち上がってみてください。すると立ち上がりやすくなったのがわかります。これは、太ももの付け根に圧をかけることで大腰筋が刺激されるからであり、主に立ち上がり動作で使われます。

 

さらに、立った状態でも意識的に使えるようにしましょう。まず、普通に立った状態で5秒静止してみましょう。体の軸が整っていない人の場合、肩・腰・膝のどこかに力が入りやすくなります。そこで、太ももの付け根のVラインに左右の手を当てて、ほんの少しだけ上半身全体を前傾させましょう。すると、自然と大腰筋に力が入ります。

 

このように、そけい部に手を押し当てて大腰筋を刺激させると、骨盤が立ち、腰回りが引き締まる感覚があれば大丈夫です。さらに、大腰筋を刺激する部分が一か所あります。それが、「みぞおち」です。

 

みぞおち部の奥部にある背骨の関節は大腰筋がつながっています。この部分を刺激させることで大腰筋が働きます。その結果、腹部の表側にある腹直筋をゆるめることができるため、体の軸を整えることができます。

 

みぞおちを刺激する方法は、みぞおち部に指を押し当てることです。そして、肋骨を中に入れるように背中を少し丸くします。すると、腹筋がゆるまり、下っ腹周りが張るのがわかります。このように、「みぞおち」を使うことで、大腰筋が働くのがわかります。さらにみぞおち部を上下左右にねじれると立体的に働かせることができます。

 

怪我を防ぐために、体の軸を整えるには「大腰筋」を活用する必要があります。「太もものつけ根のVライン」「みぞおち」に手を当てることで、普段の姿勢で意識させることができます。

お客様から喜びの声をいただいています

 

無料メールマガジン:理論スポーツ

 

 

 

 

Facebookもチェック

 

セミナー開催:理論スポーツ

関連ページ

弓道の「礼」の動作から、腰痛予防の正しい姿勢を身につける
正しい姿勢で座り続けると、疲労がたまりやすくなってしまう
9割の人がかかえる腰痛の原因とそれを克服する体の動かし方
スポーツの投げる動作で起こる肘の痛みの治し方
テニス、バドミントンでの腕を返すときに起こる肘の痛みの治し方
スポーツで膝を痛める原因と予防方法
スポーツ時に足首周りを怪我する本当の理由
ランニングでの「足底腱膜炎」の原因と解消方法
正しいストレッチをするため、「筋肉」の性質を理解する
筋肉の柔軟性が高すぎると怪我をする
スポーツで怪我しないために、準備運動に「ブラジル体操」を取り入れる
スポーツでケガを予防するストレッチ法:「頭」〜「肩」の上部
スポーツでケガを予防するストレッチ法:体幹周り
スポーツでケガを予防するストレッチ法:太もも〜膝下
スポーツでケガを予防するストレッチ法:太もも周り
スポーツ動作の改善やけがの防止に繋がる「筋膜」について理解する
スポーツでの怪我を予防する筋膜マッサージ:上半身
スポーツでの怪我を予防する筋膜マッサージ:下半身
スポーツ界で筋膜マッサージが普及しない理由
武道の観点から、スポーツにおける軸を整えるには:脚の裏側を鍛える
スポーツで筋肉の疲れとなる原因物質をトレーニングに活かす方法
スポーツで疲れてしまう本当の原因を理解する

サイトマップ
HOME メルマガ登録 プロフィール お問い合わせ お客様の声 セミナー開催