スポーツで必要なストレッチと怪我克服

体の不調を整える

 

弓道の「礼」の動作から、腰痛予防の正しい姿勢を身につける

 

正しい姿勢で座り続けると、腰に疲労がたまりやすくなってしまう

 

9割の人がかかえる腰痛の原因と克服するための体の動かし方

 

スポーツでの怪我を防ぐ

 

スポーツの投げる動作で起こる肘の痛みの治し方

 

テニス、バドミントンでの腕を返すときに起こる肘の痛みの治し方

 

スポーツでの膝痛を自分で予防するための方法

 

スポーツ時に足首周りを怪我する本当の理由を理解する

 

ランニングでの「足底腱膜炎」の原因と解消方法

 

怪我しないストレッチ法

 

筋肉の柔軟性が高すぎると怪我をする

 

スポーツで怪我しないために、準備運動に「ブラジル体操」を取り入れる
 
具体的にストレッチをしてみよう

 

スポーツでケガを予防するストレッチ法:頭〜肩の上部

 

スポーツでケガを予防するストレッチ法:体幹周り

 

スポーツでケガを予防するストレッチ法:太もも周り

 

スポーツでケガを予防するストレッチ法:太もも〜膝下

 

さらに高度な怪我の予防法

 

スポーツ動作の改善やけがの防止に繋がる「筋膜」について理解する

 

スポーツでの怪我を予防する筋膜マッサージ:上半身

 

スポーツでの怪我を予防する筋膜マッサージ:下半身

 

スポーツ界で筋膜マッサージが普及しない理由

 

大臀筋を鍛えれば、腰・肩の痛みを解決できる

 

 
武道の観点から体の不調を取り除く

 

 武道の観点から、スポーツにおける軸を整えるには:脚の裏側を鍛える

 

 武道の観点から、スポーツにおける軸を整えるには:大腰筋を鍛える

 

疲れの原因を化学的に理解する

 

 スポーツで筋肉の疲れとなる原因物質をトレーニングに活かす方法

 

 スポーツで疲れてしまう本当の原因を理解する

 

スポーツで必要なストレッチと怪我克服記事一覧

弓道の「礼」の動作から、腰痛予防の正しい姿勢を身につける

スポーツ選手がケガを予防するために、「正しい姿勢」を理解することは大切です。身体に負担のない立ち方・座り方を身につけることで、怪我の予防につながります。野球やゴルフの世界では、腰痛持ちの選手が多いです。日本のゴルフ界のトッププレーヤーである石川遼選手も腰痛に悩まされていた時期がありました。そのため、...

≫続きを読む

 

正しい姿勢で座り続けると、疲労がたまりやすくなってしまう

スポーツにおいて、怪我を予防するために「正しい姿勢」を身につけることは大切です。特に、座っているときの姿勢が悪いと肩や腰を痛めてしまいます。整体師などは、姿勢が悪い人に「正しい姿勢で座り続ける」ことを勧めます。確かに上体の重みをしっかり骨盤に乗せて座れば、体にかかる負担を減らすことができます。ただ、...

≫続きを読む

 

9割の人がかかえる腰痛の原因とそれを克服する体の動かし方

スポーツ選手のみならず、一般人の多くが「腰痛」をかかえています。そのため、腰痛にならないための姿勢やストレッチを勉強することは大切です。腰痛には、あらゆる原因がありますが、実は9割の人は同じ要因です。ここでは、9割の人に該当する腰痛の原因とそれを克服する体の使い方について解説していきます。 9割の人...

≫続きを読む

 

スポーツの投げる動作で起こる肘の痛みの治し方

「野球」「バレー」「テニス」といった、ボールを扱うスポーツでは、腕を酷使して肘を怪我してしまうときがあります。球の投げ過ぎによって痛めた肘のことを「野球肘」といわれることもあります。ただ、肘以外の体の使い方を変えれば、肘の痛みを解消することができます。ここでは、スポーツにおける「肘」の痛みの解消法に...

≫続きを読む

 

テニス、バドミントンでの腕を返すときに起こる肘の痛みの治し方

テニスでは、相手のコートにボールを返すとき、ラケットを振ってボールに当てます。そして、ボールに回転をかけるように打ちます。バドミントンであれば、ラケットを使ってシャトルを打ち返します。また、自分の体の向きと逆方向に球が来たら、バックハンドで返します。この腕を返すときに、肘を痛めてしまう場合があります...

≫続きを読む

 

スポーツで膝を痛める原因と予防方法

スポーツにおいて、無理な動作を行うと怪我をしてしまいます。特に、スポーツ選手は「膝」の痛みに悩みを抱える人が多いです。その理由は走るときに膝はよく使うからです。例えばフルマラソンの世界では、多くの人が後半に膝を痛めてペースを落としてしまいます。そのため、膝の痛みの原因を理解し、予防することは大切です...

≫続きを読む

 

スポーツ時に足首周りを怪我する本当の理由

スポーツにおいて、足首やふくらはぎを痛めてしまうことがよくあります。走ったり飛んだりすると衝撃が足にかかってしまい、捻挫をしたり靭帯を伸ばしてしまったりします。しかし、怪我の原因は意外な箇所にあります。ここでは、足首やふくらはぎを怪我する理由と対策方法について解説していきます。 足を怪我する理由は「...

≫続きを読む

 

ランニングでの「足底腱膜炎」の原因と解消方法

走る動作での怪我の中で「足底腱膜炎」と呼ばれるものがあります。これは、走っている最中に足裏にある足底腱膜が衝撃によって痛くなってしまう怪我です。マラソンの世界では「足底腱膜炎」を患ったことがある選手は多いです。私自身も経験したことがあり、「踵から拇指球にかけて筋が張られる」ような痛みを感じます。ここ...

≫続きを読む

 

正しいストレッチをするため、「筋肉」の性質を理解する

スポーツにおいて、怪我を予防するためにはストレッチをすることは重要です。ストレッチは筋トレのように負荷がかからないため、誰でも簡単に行うことができます。そのため、多くの人は正しいストレッチの方法を学びません。ただ、負荷はかかりませんが、やり方を間違えると、ストレッチを行っても体が柔軟にならなかったり...

≫続きを読む

 

筋肉の柔軟性が高すぎると怪我をする

スポーツで怪我を予防するためにはストレッチが大切です。筋肉や関節が硬すぎると、肩こりや腰痛を招いたり運動パフォーマンスの低下につながったりします。そのため、多くの人は「とにかく体を柔らかくしたい」と考えます。そうした考えを持っている人は180度近く開脚をしている人を見ると、「あそこまで筋肉が柔軟であ...

≫続きを読む

 

スポーツで怪我しないために、準備運動に「ブラジル体操」を取り入れる

スポーツで怪我しないために、ストレッチや準備運動などで筋肉をほぐすことは大切です。しかし、運動前の筋肉は固く伸びにくい状態にあるので、準備体操で筋肉を伸ばすストレッチをすると、かえって負担をかけてしまいます。そこで、運動前と運動後のストレッチを分ける必要があります。ここでは、運動前に怪我の予防につな...

≫続きを読む

 

スポーツでケガを予防するストレッチ法:「頭」〜「肩」の上部

スポーツで怪我を防ぐために、運動後に筋肉を伸ばすストレッチを行うことは大切です。ここでは、運動後に行うストレッチのポイントと頭〜肩にかけての適切なストレッチを紹介していきます。 ストレッチをするときのポイントこれから紹介するストレッチを行うときは、「上半身の力を抜くこと」と「深い呼吸を3〜4回程度行...

≫続きを読む

 

スポーツでケガを予防するストレッチ法:体幹周り

スポーツで怪我しないために、運動後のストレッチは大切です。ここでは、運動後に行うストレッチのポイントと体幹周りの適切なストレッチを紹介していきます。 ストレッチをするときのポイントストレッチを行うときは、「上半身の力を抜くこと」と「深い呼吸を3〜4回程度行う」ことを意識しましょう。ストレッチは筋肉を...

≫続きを読む

 

スポーツでケガを予防するストレッチ法:太もも〜膝下

スポーツで怪我しないために、運動後のストレッチは大切です。ここでは、運動後に行うストレッチのポイントと太ももから膝下の適切なストレッチを紹介していきます。 ストレッチをするときのポイントより全身の筋肉をゆるめて、ストレッチ効果を高めるポイントは「上半身の力を抜くこと」と「深い呼吸を3〜4回程度行うこ...

≫続きを読む

 

スポーツでケガを予防するストレッチ法:太もも周り

スポーツで怪我しないために、運動後のストレッチは大切です。ここでは、運動後に行うストレッチのポイントと脚周りの適切なストレッチを紹介していきます。 ストレッチをするときのポイントストレッチを行うときは、「上半身の力を抜くこと」と「深い呼吸を3〜4回程度行う」ことを意識しましょう。ストレッチは筋肉を伸...

≫続きを読む

 

スポーツ動作の改善やけがの防止に繋がる「筋膜」について理解する

スポーツで怪我しないために、ストレッチをすることは大切です。しかし、筋肉や関節のストレッチをしても怪我をする人がいます。このような人は今行っているストレッチを行うのをやめ、別の体の部位をほぐす必要があります。そこで出てくるのが「筋膜」です。「筋膜」という言葉は、鍼灸の世界から普及し始めたものです。こ...

≫続きを読む

 

スポーツでの怪我を予防する筋膜マッサージ:上半身

スポーツにおいて、怪我を予防するために、体の中をほぐすことは大切です。その中で、筋肉や関節に触れずに、体を動かしやすくする方法として「筋膜マッサージ」があります。この方法を取り入れることで、ストレッチや準備体操だけでは防げない怪我を克服することができます。そのため、スポーツマッサージとは全く別の方法...

≫続きを読む

 

スポーツでの怪我を予防する筋膜マッサージ:下半身

スポーツにおいて、怪我を予防するために体の中をほぐすことは大切です。そこで、筋肉や関節に触れずに、体を動かしやすくする方法として、「筋膜マッサージ」があります。このマッサージを取り入れると、ストレッチで治らなかった怪我を改善することができます。そのため、スポーツマッサージとは全く別の方法であるといえ...

≫続きを読む

 

スポーツ界で筋膜マッサージが普及しない理由

スポーツで怪我の予防のために筋肉をほぐすことは大切です。その中でも、筋膜マッサージは筋肉を柔軟にする一つの方法であり、取り入れるとことで今より体を動かしやすくなります。専門のマッサージ師に施術を受ければ、効果をさらに実感します。腰周りに負担を感じる人は、施術を受けると体が軽くなった感覚を得ることがで...

≫続きを読む

 

大臀筋を鍛えれば、腰・肩の痛みを解決できる

当サイトでは、武道に基づいて最も負担のない姿勢を構築するのを目的としています。その中で、皆さまは姿勢良い姿勢を構築するためには、何が必要がご存知でしょうか?世の中、いろんな健康の常識があります。その中で、日本人に合った健康法、運動方法を選択してくださいね、日本人が筋トレやプロテインを飲んで「体を大き...

≫続きを読む

 

武道の観点から、スポーツにおける軸を整えるには:脚の裏側を鍛える

スポーツで長くプレーを続けるために、怪我の予防や体のケアは大切です。年を重ねると疲れがたまったり、体のどこかが痛みやすくなったりしやすくなったりしてしまうため、疲れや不調をあきらめがちです。そのため、年齢を重ねてもけがに強い体を身につける必要があり、そのための「姿勢」があります。姿勢を変えると、体の...

≫続きを読む

 

武道の観点から、スポーツにおける軸を整えるには:大腰筋を鍛える

スポーツをする以上、怪我や体の不調を招くのはよく起こります。そして、年齢を重ねると怪我のリスクが高くなってしまい、完治するのも時間がかかってしまいます。ついつい、「年齢を重ねていけば、疲れがたまったり、体のどこかが痛みやすくなったりするのは仕方がないこと」と思い、疲れや不調をあきらめてしまう人は多い...

≫続きを読む

 

スポーツで筋肉の疲れとなる原因物質をトレーニングに活かす方法

筋トレや運動を行うと、筋肉がパンパンに張ってだるい感覚になります。このとき、「乳酸がたまって」とよく言われます。運動して疲れたり、筋肉がしんどくなると、使った筋肉には乳酸と呼ばれる物質がたまることが知られています。一方、ジョギングのような軽い運動のときは遅筋が働き、乳酸は主に遅筋で処理されて新たにエ...

≫続きを読む

 

スポーツで疲れてしまう本当の原因を理解する

筋トレや激しいトレーニングを行うと、筋肉は疲れてだるさを感じます。スポーツを行っている人であれば、乳酸(にゅうさん)という言葉は誰もが聞いたことがある言葉です。昔、このだるさを感じる原因は乳酸にあると言われていました。しかし、近年では、乳酸は疲労物質であるという解釈は変わり、今ではエネルギー源として...

≫続きを読む

 

膝の痛みを書籍で調べても治らない3つの理由

あなたが、膝の痛みを患っていたとします。そのときに書籍を開くと・膝の痛みの原因は「膝の軟骨」が少なくなったから 栄養を変えないといけない・膝周りの筋肉が低下し、膝関節を支えられなっている そのため、太もも周りの筋肉を鍛えないといけない・膝と腰の神経はつながりがあるため、腰回りの筋肉が 硬くなると、膝...

≫続きを読む

 
//

お客様から喜びの声をいただいています

 

無料メールマガジン:理論スポーツ

 

 

 

 

弓道健康法セミナー案内

書籍案内


ホーム RSS購読 サイトマップ
HOME メルマガ登録 プロフィール お問い合わせ お客様の声 セミナー開催