運動時に体の緊張をなくす「カンペル平面」を理解する

スポーツで怪我や体の不調をい防ぐためには、良い姿勢や動きを身につける必要があります。そして、理想のフォームを身につけるためには、体の各部の適切な位置関係や状態を把握しなくてはいけません。肩や腰といった部位の適切な位置を理解することで、負担のない姿勢を身につけることができます。

 

その中でも、立つ、座った状態での頭部は重要な役割を持ちます。なぜなら、頭の位置を少し変えるだけで、体のあらゆる部位の緊張を取ることができるからです。それによって、動作中に体のあらゆる部位を動かしやすくなります。

 

もし、体の不調や無駄な力みをなくしたいと思うのであれば、体の中でも頭部に注目し、整えることが不可欠になります。ここでは、姿勢や動きを変える頭部の位置について解説していきます。

 

 カンペル平面とフランクフルト平面を理解する
人の頭の向きは「カンペル平面」と「フランクフルト平面」と呼ばれる二つの平面に分かれます。カンペル平面とは、顔を正面から見たときに、鼻の穴が耳の穴と一直線に揃った状態です。一方、フランクフルト平面は目線と耳の穴が横一直線に揃った状態です。

 

この中で「カンペル平面」を取ると、プラス要素がいくつかあることがわかっています。一つはカンペル平面を取ると、目と胸周りの筋肉の緊張を緩和できることです。

 

これは簡単な実験で体感できます。両腕を左右に伸ばして、お互いの掌を向けます。そして、両目を使って、左右の掌を交互に顔を動かさずに見るようにします。目線を下げた場合と上げた場合で目線を変えるスピードを比べます。

 

すると、目線を上げたときの方が目が動かしやすいことがわかります。これは、カンペル平面を取ることで、目を上下に動かすための筋肉がゆるむからです。

 

さらにカンペル平面をとることのメリットは胸の筋肉の緊張がほぐれることです。少し目線を下げた状態と、目線を上げた状態で腕を真上に上げてみましょう。すると、目線を上げたときの方が、腕が楽に上げられることがわかります。

 

目線を下げた状態(フランクフルト平面)の体勢を取ると、胸の肋骨が後ろに下がります。これによって、胸鎖関節周りにある筋肉が窮屈になってしまいます。胸鎖関節は腕関節と直接つながっています。この関節の可動域の低下は、腕の動きのしにくさに直接つながります。

 

すると、腕が上に上げにくくなります。カンペル平面を取ると、胸鎖関節周り、眼球周りの筋肉がほぐれ、腕や眼球を動かしやすくなります。それによって、生活や運動において良い影響を与えます。

 

 少し目線が下がると体のあらゆる部位に不調が出る理由
あなたが日常生活で腰や肩、肘の痛みに悩まされていないでしょうか。それは、目線が下がったことによってこれらの不調を誘発している可能性があります。目線が下がり、カンペル平面からフランクフルト平面になることで、眼球周りの筋肉、胸の筋肉の緊張を誘発します。これによって、体を動かすときにあらゆる弊害が起こります。

 

目線が下がり、眼球周りの筋肉が緊張すると、眼の奥の筋肉と解剖学的につながっている首の奥部、背中の筋肉も緊張します。その結果、背中、腰周りの筋肉が緊張してしまい、腰の不調を患ってしまいます。

 

さらに、人は目線が下がると、頭部が前に出やすくなります。頭部が前に出て、上半身の上部が猫背になっていると、上半身の重みが腰にかかりやすくなります。すると、腰にかかる負担が大きくなってしまい、痛みが生じる可能性があります。

 

肩や肘の痛みは腕の動きの柔軟性が低下したことで起こります。目線が下がり、鎖骨周りの筋肉の緊張により、腕を最大限に動かすことができなくなります。そのため、生活においてあらゆる体の不調が生じた場合、自身の目線を一度確認する必要があります。

 

 目線を上げることで得られる能力:水平感覚
スポーツにおいて、カンペル平面を取ることで、いくつか効用があります。例えば、スポーツでは、コーナーを全力で走ることがあります。バスケやサッカーでは四方八方に体の向きを変えて動くことがあります。このときに、上体の軸を保つことであらゆる方向に動いても姿勢全体が崩れにくくなります。

 

そのときに重要になるのが平衡感覚です。平衡感覚(水平感覚)とは、人の体が運動中や重力にたいして、傾いた状態にあるとき、察知する働きのことです。そして、頭部には身体全体の平衡感覚を司る器官がついています。もしも、頭部の安定がとれなければ、姿勢の崩れが全体に伝わってしまうため、動きが悪くなってしまいます。

 

そこで、目線を上げることで、どのような状態でも、体の傾きを感知しやすくなります。それによって、方向転換や切り替えの動作に無駄な動きが少なくなります。実際に、スポーツ選手では、カンペル平面を取って動作を行っている選手もいます。そして、剣道の世界では、目線少し上に上げることで、腰の上下動を少なくして動作を行うことができます。

 

すると、さまざまな動きに対して、余計な動きや力のロスが少なくなります。これによって、長時間、効率のよい動きを展開することができます。

 

立つ、座った状態での頭部の位置には「カンペル平面」と「フランクフルト平面」の二種類があります。このときに、カンペル平面を取ると眼球周り、胸周りの筋肉の緊張がほぐれます。これによって、上半身の姿勢を整え、腕を出す動作を円滑に行うことができます。日常生活、スポーツに応用することで、体の各部の不調を取り除くことができます。

お客様から喜びの声をいただいています

 

無料メールマガジン:理論スポーツ

 

 

 

 

Facebookもチェック

 

セミナー開催:理論スポーツ

関連ページ

弓道の「胴づくり」から、スポーツ動作で「首・肩」を有効に使う
弓道の「弓懐(きゅうかい)」の動作より、スポーツでの腕を使う動きを良くする
指の使い方から、スポーツでの腕や上半身の動きの質を向上させる
スポーツの動きがしやすくなる、弓道での「頭」と「目」の使い方
武道での「丹田」を理解し、スポーツ動作の動きを高める
弓道での「首」の働きを理解して、スポーツの動作向上に応用させる
弓道の「打ち起こし」を理解し、スポーツの腕振りのスピードを上げる
スポーツ時に股関節を動かしやすい「姿勢」と「腕の使い方」を理解する
弓道での「胸」の使い方から、スポーツ動作で背筋を強く働かせる
お腹を開いた姿勢を取れば、リラックスした動作を行える
弓道の姿勢から、スポーツにおける全身の脱力した状態を理解する
体全体の緊張をほぐし、スポーツ動作、体質を良くする「耳」の使い方
体全体の緊張をほぐす「目」の使い方と眼球マッサージ
口や舌の動きを改善すれば、内臓全体の緊張が緩和する
スポーツ動作を改善する「鼻」の筋肉のゆるめ方
スポーツでの痛みや違和感が心に与える影響を理解する
スポーツで痛みや違和感を軽減させる体の使い方
両腕を用いたスポーツ動作のしやすい姿勢を自分で見つける方法
股関節のたたみ動作から、運動動作を飛躍的に向上させる
スポーツにおいて体の使い方を学ばなければいけない理由
スポーツで体の使い方を学ぶ際に注意すべきこと
弓道の「懸け口十文字」から、スポーツでの腕の動きを高める
運動技術を向上させる「肩甲骨」の動きを高める体操
武道、スポーツの観点から、二種類の姿勢の作り方を理解する
スポーツにおいて脚をスムーズに動かす骨の使い方
武道の「股関節のとらえ」による、スポーツ技術を向上した実例
思うように体が動かない場合に心がけるべき二つのこと
努力して理想の姿勢や動きを身につけようと思っても身につかない理由
武道の三十重文字の構えより、運動時に負担のない姿勢を身につける
運動時に負担をなくす「三十重文字」の姿勢を身につけるときの注意点
運動時に瞬間的に強い力を繰り出す「フランクフルト平面」を理解する
武道のにおけるフォームの4原則

サイトマップ
HOME メルマガ登録 プロフィール お問い合わせ お客様の声 セミナー開催