弓道の「懸け口十文字」から、スポーツでの腕の動きを高める

スポーツにおいて、動作に無駄をなくすことは大切です。無理で無駄のない動作は力のロス少なくなるため、結果的に運動技術の向上につながります。

 

スポーツで腕を使う動作は数多く存在します。例えば、野球のピッチャーの投球や水泳のクロール、テニスでラケットを振る動作などです。こういった腕を動かす動作を手先や筋力に頼ると、怪我につながります。

 

そこで、弓道の世界では腕の力みや負担をなくす手首の使い方が存在します。ここでは、武道の体の使い方から、スポーツで腕を使う動作の質を高める方法を解説していきます。

 

 懸け口十文字から、腕全体を速く働かす
弓道の世界では、弓を握る左手や弦(弓を張るための太いひも)をひっかける右手も的中にかかわります。その中で、「手首の曲がり」は射技の停滞を招きます。

 

その理由は、手首が曲がると弓や弦の復元力が手首の周辺に集中するからです。手首に荷重がかかると、肘、肩といった部位が動かなくなります。すると、体全体を使って弓を大きく引くことができなくなります。

 

そのため、弓道の世界では、そうした手首の角度を作らないようにする腕の使い方があります。それを「懸け口十文字」といいます。この動作を行うことで、弓と弦の抵抗力がかかっても、手首が曲がることなく弓を引くことができます。

 

まず、腕を地面と垂直になるように立てましょう。小指が下に、親指が上に向くように手のひらを立てます。この状態だと、手首は下方向に曲げやすいのがわかります。さらに、内側、外側にも曲がります。このように、手首は何もしなければ、下や左右に曲がりやすく、運動中に大きく動きます。

 

この動きをすべてなくして、手首に角度を作らないようにします。具体的には、手首の曲がる運動において曲げにくい方向は「上」です。小指、薬指を締めて曲げにくい方向に手首を曲げるようにしましょう。このように、小指、薬指を締めながら手首を起こすようにし、この状態を保ちます。

 

 

 

手首を起こした状態で腕を振ったり、動かしたりしてみましょう。すると、何もしなかったときに比べて、腕の動きが楽に速く動かすことができます。手首を立てた状態を維持しながら動作を行うと今までと違った腕の動きを体感することができます。

 

さまざまなスポーツにおいて、腕の力を抜きましょうと言われると、腕だけでなく手首の力を抜こうとします。しかし、手首の力を抜くと、腕を動かす動作で無駄な動きを招いてしまいます。手首の力を抜いて腕を動かすほど、力が末端に伝わりにくく、むしろ分散されてしまう感覚が表れます。

 

これは、腕をブラブラさせることで体感することができます。手のひらや手首を楽にした状態で腕をブラブラさせるのと、手首を少し起こした状態では後者の方が力がよく伝わっているのがわかります。

 

懸け口十文字の要領で手首を曲げにくい方向に手首を曲げると、腕を動かす感覚が変わります。ボールを投げると、腕が一体となって楽に速く振ることができます。水泳で水をかく動作であれば、腕を速く回すことができ、かつ腕に負担が少なくなることがわかります。

 

腕を動かす動作の質を高める方法として「懸け口十文字」があります。手首を曲げにくい方向に曲げることで、腕全体を楽に速く動かすことができるため、運動動作の向上やケガの予防につながります。

お客様から喜びの声をいただいています

 

無料メールマガジン:理論スポーツ

 

 

 

 

Facebookもチェック

 

セミナー開催:理論スポーツ

関連ページ

弓道の「胴づくり」から、スポーツ動作で「首・肩」を有効に使う
弓道の「弓懐(きゅうかい)」の動作より、スポーツでの腕を使う動きを良くする
指の使い方から、スポーツでの腕や上半身の動きの質を向上させる
スポーツの動きがしやすくなる、弓道での「頭」と「目」の使い方
武道での「丹田」を理解し、スポーツ動作の動きを高める
弓道での「首」の働きを理解して、スポーツの動作向上に応用させる
弓道の「打ち起こし」を理解し、スポーツの腕振りのスピードを上げる
スポーツ時に股関節を動かしやすい「姿勢」と「腕の使い方」を理解する
弓道での「胸」の使い方から、スポーツ動作で背筋を強く働かせる
お腹を開いた姿勢を取れば、リラックスした動作を行える
弓道の姿勢から、スポーツにおける全身の脱力した状態を理解する
体全体の緊張をほぐし、スポーツ動作、体質を良くする「耳」の使い方
体全体の緊張をほぐす「目」の使い方と眼球マッサージ
口や舌の動きを改善すれば、内臓全体の緊張が緩和する
スポーツ動作を改善する「鼻」の筋肉のゆるめ方
スポーツでの痛みや違和感が心に与える影響を理解する
スポーツで痛みや違和感を軽減させる体の使い方
両腕を用いたスポーツ動作のしやすい姿勢を自分で見つける方法
股関節のたたみ動作から、運動動作を飛躍的に向上させる
スポーツにおいて体の使い方を学ばなければいけない理由
スポーツで体の使い方を学ぶ際に注意すべきこと
運動技術を向上させる「肩甲骨」の動きを高める体操
武道、スポーツの観点から、二種類の姿勢の作り方を理解する
スポーツにおいて脚をスムーズに動かす骨の使い方
武道の「股関節のとらえ」による、スポーツ技術を向上した実例
思うように体が動かない場合に心がけるべき二つのこと
努力して理想の姿勢や動きを身につけようと思っても身につかない理由
武道の三十重文字の構えより、運動時に負担のない姿勢を身につける
運動時に負担をなくす「三十重文字」の姿勢を身につけるときの注意点
運動時に体の緊張をなくす「カンペル平面」を理解する
運動時に瞬間的に強い力を繰り出す「フランクフルト平面」を理解する
武道のにおけるフォームの4原則

サイトマップ
HOME メルマガ登録 プロフィール お問い合わせ お客様の声 セミナー開催