体全体の緊張をほぐし、スポーツ動作を改善する「耳」の使い方

スポーツにおいて、動作改善や怪我の予防をするためには、自分の体の状態を知らなくてはいけません。

 

スポーツで大切な体の器官は「筋肉」だとほとんどの人は思います。しかし、自分の体質を改善するためには、他の体の器官にも注目する必要があります。その中に「耳」があります。

 

多くの人は、スポーツの動作に耳はあまり関係ないように感じるかもしれません。しかし、耳にはあらゆるセンサーや重要な筋肉があります。この部位の使い方を理解することで、今よりスポーツ動作を向上させることが可能です。

 

ここでは、スポーツ動作を改善する「耳」の使い方を解説していきます。

 

 耳が緊張すると体の動きが悪くなる
私たちはスポーツをしているとき、耳によって動きが制御されたりスムーズになったりしています。知らず知らずのうちに私たちは耳周りの筋肉を緊張させ、体の動きのキレを悪くさせていることを理解しなくてはいけません。

 

例えば、あなたが野球をしていてバッターだったとします。このときに二つの情景をイメージして、ピッチャーと対決してみましょう。どちらが自分の体が動かしやすいのか想像してみましょう。

 

 自然に囲まれ、のどかな場所で草野球の感覚で相手のボールを打つ
 大人数に囲まれた球場で声援や罵声を受けながら相手のボールを打つ

 

いかがでしょうか。おそらくほとんどの人が「自然に囲まれた」空間の方が体を動かしやすいと思ったのでしょう。これは、「罵声」「嫌味」といった外界の刺激に耳が反応し、耳の緊張が体全体に伝わるからです。

 

耳が緊張すると、耳周辺の筋肉が同時に固くなってしまいます。そして耳周辺の筋肉の緊張は、体の側面から最終的に体全体に伝わります。外界からの不快な情報を耳が感知して、無意識のうちに体を緊張させてしまうのです。

 

 

 

さらに耳周りの筋肉が緊張し続けると、固くなったまま元に戻れなくなります。例えば、誰かにダメ出しされ続けると、その指摘にだんだん慣れてくることがあります。これは、耳周辺の筋肉が固くなってしまい、情報を受け取るセンサーの感度が鈍くなったからです。

 

すると、体全体の緊張がとれなくなり、内臓器官にストレスを与えます。これによって、体の中の状態や体質に悪い影響を与えます。

 

例えば、マッサージで体をほぐしても、電車で長い時間立っていたらすぐに疲れてしまった経験はないでしょうか。あるいは、せっかくストレッチで筋肉を伸ばしても、聞きたくない話を聞かされているうちに、心身ともにぐったりした経験はないでしょうか。

 

マッサージやストレッチをしても、体の中が緊張したままでは元の状態に戻ってしまうのです。

 

スポーツの世界では、なかなか疲れがとれなかったり、筋肉を休めてもすぐにだるくなってしまったりすることがあります。これでは体の中の緊張がとれていないため、休憩をしてもすぐに体に疲労感が出てしまいます。その結果、怪我をしたり、動きが悪くなってしまったりします。

 

そのため、疲れにくく動きやすい体を身につけるためには、体の中の緊張をほぐす必要があります。そのために、耳の筋肉の緊張が与える影響を理解する必要があります。
 
 耳回りの筋肉をほぐす体の使い方
今よりも全身の緊張をほぐすために、ここでは耳周辺の筋肉をゆるめる方法を紹介していきます。どれもすぐに実行できるものなので、試しに行ってみましょう。全身の無駄な緊張がとれて、体が動きやすくなるのを実感できることでしょう。

 

 ・首を伸ばして両肩を落とす
自分の頭蓋骨(ずがいこつ)の位置を真上に数センチ上げる気持ちで、首を伸ばしてみましょう。そして、腕の筋肉を抜くイメージでだらんと両肩を落とします。

 

首は上に伸ばし続け、肩は重力に任せて腕を完全にブランと吊り下げるイメージで上半身の無駄な筋肉の力みをなくしてみましょう。

 

すると、首すじから肩にかけて緊張がほぐれるのがわかります。固くなって縮んでいた耳から肩にかけての筋肉(僧帽筋)が伸ばされ、肩周りがスッキリする感覚を得ることができます。

 

このように、首を伸ばして肩を落とした姿勢を取ることで、耳回りの筋肉の緊張をほぐすことがでいます。

 

 ・耳を引っ張る
次に、耳回りの筋肉を直接ゆるめる方法として、「耳自体を引っ張る」ことが挙げられます。

 

耳を引っ張る動きはヨガやマッサージで一部取り上げられていますが、より耳周辺の筋肉を緩める方法を紹介していきます。

 

まず、どちらか片方の手で耳をつまみます。耳の穴のある方が内側、頭皮に近い方を外側とします。耳の内側と外側を二本の指ではさみこむように耳をつまみます。

 

そして、頭の骨から耳のつけ根を数ミリ浮かすよう程度に引っ張りましょう。頭についている耳を少しだけ外に離すようなイメージで行います。呼吸をするときは、頭と耳の間に空気を通りぬけるような感覚で行いましょう。

 

最初は耳を真横に引っ張ります。なれてきたら、上下左右などあらゆる方向に引っ張ってみましょう。耳周辺だけではなく、「首」「こめかみ」「目」といった他の器官がゆるんでくるのがわかります。

 

耳が緊張すると他の部位も緊張してしまい、これが体全体に伝わります。上半身の無駄な力みがとれた姿勢をとったり耳自体を引っ張ったりすることで、緊張をほぐすようにしましょう。

//

お客様から喜びの声をいただいています

 

無料メールマガジン:理論スポーツ

 

 

 

 

Facebookもチェック

 

セミナー開催:理論スポーツ

関連ページ

弓道の「胴づくり」から、スポーツ動作で「首・肩」を有効に使う
弓道の「弓懐(きゅうかい)」の動作より、スポーツでの腕を使う動きを良くする
指の使い方から、スポーツでの腕や上半身の動きの質を向上させる
スポーツの動きがしやすくなる、弓道での「頭」と「目」の使い方
武道での「丹田」を理解し、スポーツ動作の動きを高める
弓道での「首」の働きを理解して、スポーツの動作向上に応用させる
弓道の「打ち起こし」を理解し、スポーツの腕振りのスピードを上げる
スポーツ時に股関節を動かしやすい「姿勢」と「腕の使い方」を理解する
弓道での「胸」の使い方から、スポーツ動作で背筋を強く働かせる
お腹を開いた姿勢を取れば、リラックスした動作を行える
弓道の姿勢から、スポーツにおける全身の脱力した状態を理解する
体全体の緊張をほぐす「目」の使い方と眼球マッサージ
口や舌の動きを改善すれば、内臓全体の緊張が緩和する
スポーツ動作を改善する「鼻」の筋肉のゆるめ方
スポーツでの痛みや違和感が心に与える影響を理解する
スポーツで痛みや違和感を軽減させる体の使い方
両腕を用いたスポーツ動作のしやすい姿勢を自分で見つける方法
股関節のたたみ動作から、運動動作を飛躍的に向上させる
スポーツにおいて体の使い方を学ばなければいけない理由
スポーツで体の使い方を学ぶ際に注意すべきこと
弓道の「懸け口十文字」から、スポーツでの腕の動きを高める
運動技術を向上させる「肩甲骨」の動きを高める体操
武道、スポーツの観点から、二種類の姿勢の作り方を理解する
スポーツにおいて脚をスムーズに動かす骨の使い方
武道の「股関節のとらえ」による、スポーツ技術を向上した実例
思うように体が動かない場合に心がけるべき二つのこと
努力して理想の姿勢や動きを身につけようと思っても身につかない理由
武道の三十重文字の構えより、運動時に負担のない姿勢を身につける
運動時に負担をなくす「三十重文字」の姿勢を身につけるときの注意点
運動時に体の緊張をなくす「カンペル平面」を理解する
運動時に瞬間的に強い力を繰り出す「フランクフルト平面」を理解する
武道のにおけるフォームの4原則

サイトマップ
HOME メルマガ登録 プロフィール お問い合わせ お客様の声 セミナー開催