体の使い方講座

弓道での体の使い方をスポーツに取り入れる

 

弓道の「胴づくり」から、スポーツ動作で「首・肩」を有効に使う

 

弓道の「弓懐(きゅうかい)」動作より、スポーツでの腕を使う動きを良くする

 

指の使い方から、スポーツでの腕や上半身の動きの質を向上させる

 

スポーツの動きがしやすくなる、弓道での「目」と「頭」の使い方

 

 武道での「丹田」を理解し、スポーツでの動きを高める

 

弓体の使い方より動きを向上させる

 

弓道での「首」の働きを理解し、スポーツの動作向上に応用させる

 

弓道の「打ち起こし」を理解し、スポーツの腕振りのスピードを上げる

 

スポーツ時に股関節を動かしやすい「姿勢」と「腕の使い方」を理解する

 

弓道での「胸」の使い方から、スポーツ動作で背筋を強く働かせる

 

弓道での心の整え方をスポーツに取り入れる

 

お腹を開いた姿勢を取れば、リラックスした動作を行える

 

弓道の姿勢から、スポーツにおける全身の脱力した状態を理解する

 

頭を整えて、体全体の感覚を高める

 

体全体の緊張をほぐし、スポーツ動作を改善する「耳」の使い方

 

体全体の緊張をほぐす「目」の使い方と眼球マッサージ

 

口や舌の動きを改善すれば、内臓全体の緊張が緩和する

 

スポーツ動作を改善する「鼻」の筋肉のゆるめ方

 

心と体を整える姿勢

 

スポーツでの痛みや違和感が心に与える影響を理解する

 

スポーツで痛みや違和感を軽減させる体の使い方

 

両腕を用いたスポーツ動作のしやすい姿勢を自分で見つける方法

 

 股関節のたたみ動作から、運動動作を飛躍的に向上させる

 

 スポーツにおいて体の使い方を学ばなければいけない理由

 

 スポーツで体の使い方や運動動作を学ぶ際に注意すべきこと

 

 弓道の「懸け口十文字」から、スポーツでの腕の動きを高める

 

 運動技術を向上させる「肩甲骨」の動きを高める体操

 

 スポーツ・武道で知られる2種類の姿勢のメリット、デメリット

 

 スポーツにおいて脚をスムーズに動かす骨の使い方

 

 スポーツ動作を向上させる運動の4原則

 

良い姿勢、良い動きを身につける心構え

 

 思うように体が動かない場合に心がけたい二つのこと

 

 努力して理想の姿勢や動きを身につけようと思っても身につかない理由

 

 武道の三十重文字の構えより、運動時に負担のない姿勢を身につける

 

 運動時に負担をなくす「三十重文字」の姿勢を身につけるときの注意点

体の使い方講座記事一覧

弓道の「胴づくり」から、スポーツ動作で「首・肩」を有効に使う

あらゆるスポーツで、実力向上させるためのトレーニング法が公開されています。ただ、こうしたトレーニング以外にも、普段から使っている体の筋肉の使い方を少し変えるだけで、動きの質を高めることができます。その結果、ケガの予防やパフォーマンス向上につながります。ここでは、弓道の世界で実践されている「首」と「肩...

≫続きを読む

 

弓道の「弓懐(きゅうかい)」の動作より、スポーツでの腕を使う動きを良くする

ほとんど全てのスポーツは「腕」が使われます。腕を使って物を投げたり、運動中ずっと振り続けたりするため、「腕」の動きはスポーツにおいて重要な役割を担っています。腕が力んでしまうと、上半身全体に力が入ってしまい、パフォーマンス低下につながってしまいます。また、腕の振り方を間違えると、怪我をする可能性があ...

≫続きを読む

 

指の使い方から、スポーツでの腕や上半身の動きの質を向上させる

スポーツの動作を向上させるために、多くの人は体の筋肉を鍛えたり、動かし方を勉強したりします。他にも一流選手の動きを研究して、腕や脚の動作を真似したり、使っている筋肉を鍛えたりします。ただ、弓道の世界では、腕や上半身の動きは「指やてのひらの使い方」によって大きく変わることがわかっています。この原理を他...

≫続きを読む

 

スポーツの動きがしやすくなる、弓道での「頭」と「目」の使い方

スポーツ動作の向上を行うため、動きの理論や体の使い方を勉強することが大切です。多くの人は、体の筋肉を鍛えたり、難しい動きを練習で取り入れたりします。ただ、弓道の世界では「頭」と「目」の動きを変えると、体の中の筋肉の状態が変わり、動作がやりやすくなることがわかっています。これを他のスポーツに取り入れる...

≫続きを読む

 

武道での「丹田」を理解し、スポーツ動作の動きを高める

スポーツの世界で、心身に凝りなく動作することは怪我の予防や実力向上につながります。武道では、稽古や動きの説明でよく使われる体の部位があります。その部位は、お腹周りに存在しています。そこで、みなさんは「丹田」という言葉をご存知でしょうか?人間の体には「丹田」と説明される空間があり、弓道ではこの空間を重...

≫続きを読む

 

弓道での「首」の働きを理解して、スポーツの動作向上に応用させる

スポーツで楽に効率良く動作を行うためには、体の使い方を勉強することが大切です。その中の一つに、首の使い方があります。ここでは、スポーツに応用できる弓道の世界で行われる「首」の働きを解説していきます。 「首」を向けると、腕を曲げやすくなる弓道の世界では、顔を的方向に向けることを「物見(ものみ)」を入れ...

≫続きを読む

 

弓道の「打ち起こし」を理解し、スポーツの腕振りのスピードを上げる

スポーツでやみくもに体を動かしていると、動作に無駄が出てしまいって怪我に繋がります。今よりも運動技術を高めるためには、体の動きを理解する必要があります。そこで、弓道の世界で行われているは「姿勢を整えて体の中の筋肉の働かせる方法」を理解すると、腕の動きが変わり、動作のパフォーマンを向上させることができ...

≫続きを読む

 

スポーツ時に股関節を動かしやすい「姿勢」と「腕の使い方」を理解する

ほとんど全てのスポーツでは、「走る」動作があります。人が楽に、効率良く走るためには、「股関節」が重要になってきます。そのため、世の中には「股関節の動きを高める科学的トレーニング」や「股関節周りの筋肉を鍛える方法」といった、股関節に焦点を当てた練習方法があります。ただ、他にも股関節の動作を高める方法が...

≫続きを読む

 

弓道での「胸」の使い方から、スポーツ動作で背筋を強く働かせる

スポーツの実力を上げるためには、動作で使う筋肉を鍛えることが重要です。その中でも、「背中」の筋肉はあらゆるスポーツに関わります。「走るときの姿勢の保持」「体をねじるとき」「蹴ったり飛んだりする動作」は全て背筋が感よしています。弓道の世界では、「胸」の使い方を変えると、背中の筋肉の働きを強くできること...

≫続きを読む

 

お腹を開いた姿勢を取れば、リラックスした動作を行える

スポーツをする上で、無駄な力みなく動作を行うことは重要です。動作に力が入っていると、疲れやすくなったり怪我をしたりする可能性があります。弓道の世界では、「お腹の使い方」を変えることで、動きがスムーズになることがわかっています。ここでは、弓道の世界で用いられている「腹の使い方」を紹介し、スポーツの動作...

≫続きを読む

 

弓道の姿勢から、スポーツにおける全身の脱力した状態を理解する

スポーツで自分の調子を整えるためには、全身の脱力した姿勢を理解するのが重要です。「力が抜けた姿勢」が最もスポーツでパフォーマンスを出しやすい姿勢だからです。一流のアスリートたちは、筋肉を脱力させた姿勢を理解し、これを本番に取り入れることで良い結果を出しています。しかし、多くの人はこの「全身が脱力した...

≫続きを読む

 

体全体の緊張をほぐし、スポーツ動作、体質を良くする「耳」の使い方

スポーツにおいて、動作改善や怪我の予防をするためには、自分の体の状態を知らなくてはいけません。スポーツで大切な体の器官は「筋肉」だとほとんどの人は思います。しかし、自分の体質を改善するためには、他の体の器官にも注目する必要があります。その中に「耳」があります。多くの人は、スポーツの動作に耳はあまり関...

≫続きを読む

 

体全体の緊張をほぐす「目」の使い方と眼球マッサージ

スポーツにおいて、動作改善や怪我の予防をするためには、練習以外に体の器官の働きを理解しなければいけません。スポーツ選手は、疲れが「筋肉」からくると考えています。しかし、運動において疲労感が生じる原因は筋肉以外にもあります。その中に「目」があります。目は人の体の動きを大きく左右する重要な器官です。この...

≫続きを読む

 

口や舌の動きを改善すれば、内臓全体の緊張が緩和する

スポーツにおいて、動作改善や怪我の予防をするためには、体の器官と運動への影響を理解しなければいけません。運動において、疲労感が生じる原因は筋肉以外に「口」があります。口は体中の内臓器官と大きく関係する重要な器官です。この部位の使い方を理解することで、今よりスポーツ動作を向上させることが可能です。ここ...

≫続きを読む

 

スポーツ動作を改善する「鼻」の筋肉のゆるめ方

スポーツ動作の改善や怪我の予防をするためには、練習するだけではなく、自分の体の状態を知らなくてはいけません。そのために、頭にある様々な器官が自分の体質や身体に与える影響を理解する必要があります。その中に「鼻」があります。大部分の人は「鼻」はスポーツ動作に関係ないように思うかもしれません。しかし、鼻周...

≫続きを読む

 

スポーツでの痛みや違和感が心に与える影響を理解する

スポーツ選手は激しい練習や試合によって、体に不調が出てしまいます。調子が悪いとき、頭や首に違和感を持ちます。そうした不快な感情が頭に残ってしまうと、なかなか本来の動きに集中することができません。私たちは、様々な痛みや違和感と適度な距離を置いてかかわっており、それらがほどほどであるときは問題ないのです...

≫続きを読む

 

スポーツで痛みや違和感を軽減させる体の使い方

スポーツ選手は試合や練習中に体へ痛みや違和感が出てしまいます。それによって思い切ったプレーがしにくくなったり、やる気が下がったりします。このように痛みや違和感が人のメンタルにまで影響を及ぼす理由は身体の感覚の持つ「反応パターン」が関係しています。痛みなどの違和感を身体が受け取ると、体はその痛みが全身...

≫続きを読む

 

両腕を用いたスポーツ動作のしやすい姿勢を自分で見つける方法

あらゆるスポーツにおいて、技術だけでなく、動作する上での姿勢が大切とされています。姿勢を正すことによって、運動中の体の負担が軽減されて怪我や故障が少なくなるからです。あるいはスムーズに体を動かすことができるため、運動技術が向上します。ただ、この姿勢を理解することはとても困難です。その理由は人の骨格や...

≫続きを読む

 

股関節のたたみ動作から、運動動作を飛躍的に向上させる

最近のスポーツの理論書を見ると、「股関節」という言葉をよく見かけます。股関節を運動にうまく取り入れることは、下肢の運動動作が関わるスポーツでプラスに働きます。例えば、陸上の世界では股関節の動きを理解して練習に取り入れれば、今より脚運びがよくなります。サッカーやバスケの世界では、股関節の動きを柔軟にす...

≫続きを読む

 

スポーツにおいて体の使い方を学ばなければいけない理由

スポーツの世界で、頂点を目指すには練習や理論の勉強といった必要な要素があります。その中に「体の使い方」が含まれます。体の使い方とは、今より楽に効率よく動作を行う方法です。姿勢を良くしたり今まで意識していなかった筋肉を活用したりして動作の質を向上させます。ただ、こうした内容は個人差があり、効果を実感し...

≫続きを読む

 

スポーツで体の使い方を学ぶ際に注意すべきこと

スポーツの実力を向上させるには、運動技術や練習方法を学ぶ必要があります。ただし、こういった内容はすでに書籍や情報で公開されているため、実行したとしても他の人と差をつけられるか微妙なところです。そこで、体の動きや動作の質を変えることが有効になります。そのために「体の使い方」を変えることが挙げられます。...

≫続きを読む

 

弓道の「懸け口十文字」から、スポーツでの腕の動きを高める

スポーツにおいて、動作に無駄をなくすことは大切です。無理で無駄のない動作は力のロス少なくなるため、結果的に運動技術の向上につながります。スポーツで腕を使う動作は数多く存在します。例えば、野球のピッチャーの投球や水泳のクロール、テニスでラケットを振る動作などです。こういった腕を動かす動作を手先や筋力に...

≫続きを読む

 

運動技術を向上させる「肩甲骨」の動きを高める体操

スポーツにおいて、肩甲骨(けんこうこつ)の重要性が説明されています。「野球の投げる動作」「ランニングの腕振り」「ゴルフのスイング動作」などは、肩甲骨を活かすことが大切であり、うまく働かせることで運動技術を向上させることができます。ただ、肩甲骨は意識しづらい部分であり、ふつうの人が動かそうと意識しても...

≫続きを読む

 

スポーツ・武道で知られる2種類の姿勢のメリット、デメリット

正しい姿勢、フォームを身につけることは運動技術の向上につながります。姿勢を整えることで、運動中の体の負担を減らして、ケガの予防や動きの質を高めることができます。スポーツ、武道の世界を見ると、姿勢の作り方には大きく分けて2種類あることがわかります。両者ともに、スポーツにおける運動に効果をもたらすことは...

≫続きを読む

 

スポーツにおいて脚をスムーズに動かす骨の使い方

スポーツにおいて、実力向上のためには運動動作を分析し、体の動きを勉強する必要があります。さまざまなスポーツの動作には脚を使う動作が存在します。バレーやバスケであれば、脚を使ってジャンプ動作を行います。サッカーや陸上であれば、脚を使ってフィールドを走り回ります。脚の動きをよくするためには、脚の適した骨...

≫続きを読む

 

武道の「股関節のとらえ」による、スポーツ技術を向上した実例

あらゆるスポーツ技術向上に共通することは、「姿勢を正す」ことです。動いている最中や静止している最中に姿勢の崩れは背骨や関節における「歪み」が生じています。もし、普段の姿勢がゆがんでいれば、その状態でプレーを続けることになります。当然ですが、その状態では怪我につながる可能性があります。スポーツ経験者を...

≫続きを読む

 

思うように体が動かない場合に心がけるべき二つのこと

スポーツを行う上では、あらゆる悩みが生じます。例えば、「運動技術を向上させたい」「体の怪我をなくしたい」といったものです。そのためには、運動で活用するのに必要な筋肉を理解し、使い方を変える必要があります。これによって、体の動きを変え、負担や無理をなくすことができます。中には、運動自体が苦手という人が...

≫続きを読む

 

努力して理想の姿勢や動きを身につけようと思っても身につかない理由

スポーツ選手が怪我や体の不調を回避するためには、普段の姿勢や動きを見直す必要があります。普段の姿勢で体の一部に負担がかかっていれば、不具合が生じてしまうからです。そのため、普段の姿勢が良くなるために、勉強したり体を動かしたりします。そのときに注意したいことは、行っているときの心構えです。例えば、姿勢...

≫続きを読む

 

武道の三十重文字の構えより、運動時に負担のない姿勢を身につける

スポーツにおいて、普段の姿勢が崩れていると体の各部にゆがみが生じます。すると、不調や慢性的な病を抱える可能性があります。このような事態をなくすためには、正しい姿勢を学ぶことは大切です。世の中では、姿勢に関する情報として、「背骨を真っ直ぐになっている状態」「猫背は悪い姿勢」といった部分的な内容はありま...

≫続きを読む

 

運動時に負担をなくす「三十重文字」の姿勢を身につけるときの注意点

日常生活で、どこか体に不調を抱えている人は多いです。例えば、「肩が凝った」「腰がだるい」といった症状です。こういった悩みは普段の生活で知らずに姿勢が崩れている可能性があります。それによって、体にゆがみが生じ、不調を起こしています。そのため、正しい姿勢を学ぶことは体の不調を緩和するのに大切です。そして...

≫続きを読む

 

運動時に体の緊張をなくす「カンペル平面」を理解する

スポーツで怪我や体の不調をい防ぐためには、良い姿勢や動きを身につける必要があります。そして、理想のフォームを身につけるためには、体の各部の適切な位置関係や状態を把握しなくてはいけません。肩や腰といった部位の適切な位置を理解することで、負担のない姿勢を身につけることができます。その中でも、立つ、座った...

≫続きを読む

 

運動時に瞬間的に強い力を繰り出す「フランクフルト平面」を理解する

スポーツで怪我や体の不調の防止のために、姿勢や動きを身につけることは重要です。なぜなら、体の状態は姿勢と直結しているからです。体の各部の位置の少しの違いによって、運動中に引き出される力の量が大きく変わります。その中でも、頭部の位置は運動動作に大きく影響します。頭部の位置を少し変えると、体の動きが変化...

≫続きを読む

 

武道のにおけるフォームの4原則

 ・両肩を落とし、両腕を楽にする上記に述べた姿勢をとったとしても、体の重心が左右どちらか一方に偏ってしまうと、身体は歪んだ姿勢になってしまいます。すると、正確な動きができなくなってしまいます。こうした、姿勢の歪みの原因は肩からくることが多いです。肩は、緊張したり、腕に力を入れたりすると、肩関節が上に...

≫続きを読む

 
//

お客様から喜びの声をいただいています

 

無料メールマガジン:理論スポーツ

 

 

 

 

弓道健康法セミナー案内

書籍案内


ホーム RSS購読 サイトマップ
HOME メルマガ登録 プロフィール お問い合わせ お客様の声 セミナー開催